メインメニューを開く
山王神社二の鳥居
城山国民学校

長崎原爆遺跡(ながさきげんばくいせき)は、長崎県長崎市にある、同市に投下された原子爆弾の被害を伝える遺跡群。国の史跡に指定されている。

史跡指定編集

2013年(平成25年)8月1日に「長崎原爆遺跡(旧城山国民学校校舎)」など4件が国の登録記念物に登録された[1]2016年(平成28年)10月3日にはこれら4件に「爆心地」(平和公園の一部)を加えて国の史跡に指定された[2]被爆遺構の史跡指定は、広島市の原爆ドームに次ぐものとなった[3]

構成遺跡編集

脚注編集

  1. ^ 平成25年8月1日文部科学省告示第127号によって登録。平成28年10月3日、史跡に指定されたため、同日文部科学省告示第149号によって4件とも登録抹消された。
  2. ^ 平成28年10月3日文部科学省告示第140号。
  3. ^ 長崎原爆遺跡が国史跡に 爆心地と4遺構、読売新聞
  4. ^ 史跡等の指定等、文化庁

関連項目編集