メインメニューを開く

長谷川 兼己(はせがわ かねみ、1934年11月17日 - 2009年11月19日[1][2])は日本政治家鰺ヶ沢町長(1999年 - 2009年)。

長谷川 兼己
はせがわ かねみ
生年月日 (1934-11-17) 1934年11月17日
没年月日 (2009-11-19) 2009年11月19日(75歳没)

Flag of Ajigasawa, Aomori.svg 鰺ヶ沢町長
当選回数 3回
在任期間 1999年 - 2009年11月19日
テンプレートを表示

来歴編集

1999年の鰺ヶ沢町町長選挙に立候補し、当選。2009年11月17日に翌日の全国町村長大会などに参加するため上京したが同月19日午後2時15分頃、東京都千代田区永田町の全国町村会館内にある宿泊施設の浴槽で顔が湯に半分ほど沈んだ状態の長谷川を従業員が発見、後に死亡が確認された[1][2]。75歳[1]。3期目途中の出来事であった[1][2]。 青森県町村会職員と待ち合わせしていたが時間になっても現れないことから職員とともに長谷川の部屋を訪れたところ発見した。警視庁麹町警察署は死因は虚血性心不全による水死であり[2]事件性は低いとみている[1]

出典編集