関西社会学会(かんさいしゃかいがっかい、英語: Kansai Sociological Association (KSA)[1][2])は、日本学術研究団体の一つ。

概要編集

1956年5月26日設立[1]。学術研究団体としての種別は単独学会[1]

社会学を学術研究領域とし、関西地区における社会学の発展を推進し、会員相互の連絡を図ることを目的としている[1]

国内においては社会学系コンソーシアムに加盟している[1]

沿革編集

  • 1956年 - 関西社会学会設立。

刊行物編集

フォーラム現代社会学編集

  • 誌名(和文):フォーラム現代社会学
  • 誌名(欧文):Kansai Sociological Review
  • 創刊年:2002
  • 資料種別:ジャーナル(査読付き論文を含む)
  • 使用言語:日本語(英文抄録あり)
  • 発行形態:印刷体、eジャーナル
  • 著作権帰属先:学会
  • クリエイティブコモンズ:定めていない
  • 購読:無料

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 機関詳細 - 関西社会学会”. 学会名鑑. 2021年6月21日閲覧。
  2. ^ 学会HP”. 関西社会学会. 2021年6月21日閲覧。

参考文献編集

  • 日本学術協力財団 編 『学会名鑑 2007-2009年版』 日本学術協力財団、2007年。ISBN 4939091074 

外部リンク編集