閻 相文(えん しょうぶん)は中華民国の軍人。北京政府、直隷派に属した。煥章

閻相文
No image available.svg
プロフィール
出生: 1875年光緒元年)
死去: 1921年民国10年)8月23日
中華民国の旗 中華民国陝西省西安
出身地: 清の旗 山東省済寧州
職業: 軍人
各種表記
繁体字 閻相文
簡体字 阎相文
拼音 Yán Xiāngwén
和名表記: えん しょうぶん
発音転記: イエン シアンウェン
ラテン字 Yen Hsiang-wen
テンプレートを表示

事績編集

天津武備学堂卒業生。1911年宣統3年)に北洋第3鎮第5協管帯、標統を歴任した。1912年民国元年)、第3師の団長に就任する。1917年(民国6年)に直隷派の曹錕配下として直隷第2混成旅旅長に昇進した。1920年(民国9年)、第20師師長に昇進する。翌年5月、署陝西督軍に任命された。この時、馮玉祥率いる第16混成旅などを率いて陝西省入りし、安徽派の前督軍陳樹藩を撃破している。[1]

しかし閻相文は、陝西省で活動する民軍に妨げられ、西安以外の地域を統制することができなかった。そのため、軍の糧食を供給することも困難となり、精神的に追い詰められていく。同年8月23日、閻は西安の督署においてアヘンを服用し、自殺した。享年47。[1]後任の督軍には馮玉祥が就任した。

編集

  1. ^ a b 徐主編(2007)、2645頁。

参考文献編集

  • 来新夏ほか『北洋軍閥史 下冊』南開大学出版社、2000年。ISBN 7-310-01517-7
  • 徐友春主編『民国人物大辞典 増訂版』河北人民出版社、2007年。ISBN 978-7-202-03014-1
  • 劉寿林ほか編『民国職官年表』中華書局、1995年。ISBN 7-101-01320-1
   中華民国北京政府
先代:
陳樹藩
陝西督軍(署理)
1921年6月 - 8月
次代:
馮玉祥