メインメニューを開く

阿史那 懐道(あしな かいどう、ピンイン:Āshǐnà Huáidào、生没年不詳)は、西突厥可汗阿史那斛瑟羅の子。右武衛将軍、十姓可汗、濛池都護、右屯衛大将軍、光禄卿、太僕卿となる。

目次

生涯編集

左衛大将軍兼平西軍大総管の阿史那斛瑟羅が亡くなると、周朝は子の懐道を右武衛将軍とした。

長安4年(704年)、周朝は懐道を十姓(オン・オク:西突厥)可汗兼濛池都護とした。

神龍年間(705年 - 707年)、さらに懐道は右屯衛大将軍、光禄卿を授かり、太僕卿兼濛池都護、十姓可汗となった[1]

懐道が亡くなると、子の昕が後を継いで十姓可汗となる。

子女編集

  • 阿史那昕…十姓可汗,開府儀同三司,濛池都護
  • 交河公主…蘇禄の妻

脚注編集

  1. ^ 松田寿男はこの「濛池都護」という官名に注意し、「これはもともと継往絶可汗の兼領で、突騎施に没した弩失畢五姓の首領を意味する。十姓のうちの半数だけを統制するはずのこの可汗が、ここでは十姓可汗を号しているのである。このことは、唐の冊立した十姓可汗が、あくまでも突騎施に対抗する目的に終始した、いわば唐朝が立てた対抗馬にほかならないことを、語っているではないか」といい、「ところが、この最初の対抗馬はみごとに失敗したらしく、これに代わって、阿史那献の冊立となった次第である」としている。≪松田寿男「碎葉と焉耆」≫

参考資料編集

  • 旧唐書』列伝一百四十四下 突厥下
  • 新唐書』列伝一百四十下 突厥下
  • 佐口・山田・護訳注『騎馬民族誌2正史北狄伝』(1972年、平凡社)