メインメニューを開く

阿部 善右衛門(あべ ぜんえもん、1914年3月20日 - 1999年6月16日[1])は、日本の電気工学者[2]

阿部善右衛門
生誕 1914年3月20日
日本の旗 日本
死没 (1999-06-16) 1999年6月16日(85歳没)
国籍 日本の旗 日本
研究分野 電気工学
研究機関 東北帝国大学
日立製作所中央研究所
北海道大学応用電気研究所
武蔵工業大学
プロジェクト:人物伝

目次

経歴編集

業績編集

核磁気共鳴画像法(MRI)を含む生体電子工学の分野で数々の先駆的な業績を残した。1973年に磁場焦点法を使った生体内の局所領域の核磁気共鳴(NMR)信号の収集に成功した[5][6][7][8]

著書編集

  • 阿部善右衛門、木下敏雄『計測回路』朝倉書店、1980年。ISBN 9784254225549
  • 阿部善右衛門『現代電子工学通論』オーム社、1984年。ISBN 4274127990
  • 阿部善右衛門、中添 淳、村田 裕『エレクトロニクス-基礎と応用』オーム社、1988年。ISBN 9784274128370

論文編集

  • 田中邦雄、今井正明、阿部善右衛門「NMRによる生体計測(III)-体外からの血流量測定に関する基礎的検討 第10回日本ME学会大会 予稿集」2-3-6、1971年。
  • 阿部善右衛門、今井正明、田中邦雄「核磁気共鳴現象による生体計測(第6報)」『電子通信学会 医用電子生体工研資』第72巻第20号、1972年。
  • Abe Z; Tanaka K; Hotta M (1974). Biological and clinical effects of low-frequency electric and magnetic fields. Springfield, IL: Charles C. Thomas. pp. 295-315. 
  • 田中邦雄、佐野文男、阿部善右衛門「核磁気共鳴現象による無侵襲生体計測法の研究」『医用電子と生体工学』第12巻第2号、1974年、 81-89頁、 doi:10.11239/jsmbe1963.12.81
  • 田中邦雄,清水哲也,佐野文男,阿部善右衛門、「核磁気緩和時間による腫瘍検出法に関する基礎的研究」 『医用電子と生体工学』 1976年 14巻 1号 p.25-32, doi:10.11239/jsmbe1963.14.25
  • 阿部善右衛門, 山田芳文、「核磁気共鳴現象によるイメージング」 『医用電子と生体工学』 1979年 17巻 7号 p.530-537, doi:10.11239/jsmbe1963.17.530
  • 山本悦治, 山田芳文, 阿部善右衛門. "核磁気共鳴現象による無侵襲生体計測--焦点用磁場発生法に関する理論的および実験的検討." 応用電気研究所報告 29.4 (1977): p213-234, NAID 40000276655.
  • 田中邦雄, 山田芳文, 阿部善右衛門. "NMR による無侵襲生体計測の実験的検討 (核磁気共鳴現象による無侵襲生体計測の研究 (総合報告))." 応用電気研究所報告 29.3 (1977): p158-173.
  • 阿部善右衛門. "本研究の目的と研究の経緯 (核磁気共鳴現象による無侵襲生体計測の研究 (総合報告))." 応用電気研究所報告 29.3 (1977): p135-141.
  • 山田芳文, 田中邦雄, 阿部善右衛門. "核磁気緩和時間のスペクトル的分離法." 電子情報通信学会論文誌 C 61.1 (1978): 9-16.
  • 田中邦雄,日下部光俊,山田芳文,阿部善右衛門. "磁場焦点法 NMRによる局所スペクトル測定の基礎的検討."
  • 山本悦治, 山田芳文, 阿部善右衛門. "棒状焦点磁界によるスピン密度の NMR イメージング." 電子情報通信学会論文誌 C 61.3 (1978): 135-141.
  • 田中邦雄, 山田芳文, 清水哲也, 阿部善右衛門. (1980). "磁場焦点法による NMR イメージング." テレビジョン学会技術報告, 4(28), 85-90.
  • 山本悦治, 山田芳文, 阿部善右衛門、「核磁気共鳴現象による生体計測用磁場焦点法の研究」 『計測自動制御学会論文集』 1978年 14巻 2号 p.163-170, doi:10.9746/sicetr1965.14.163
  • 阿部善右衛門, 田中邦雄, 堀田正生、「核磁気共鳴現象を応用した体外よりの生体計測の研究」 『計測自動制御学会論文集』 1974年 10巻 3号 p.290-297, doi:10.9746/sicetr1965.10.290

特許編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 2 (学術・文芸・芸術篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年、35頁。
  2. ^ MRIが出現するまで
  3. ^ 自己紹介一覧
  4. ^ 研究者データ:阿部善右衛門
  5. ^ 阿部善右衛門、田中邦雄、堀田正生「核磁気共鳴現象を利用した体外よりの生体計測の研究」『計測自動制御学会論文集』第10巻第3号、1974年6月、 290-297頁、 doi:10.9746/sicetr1965.10.290
  6. ^ 1973:北大 阿部らによる磁場焦点法を使ったNMRイメージングの研究 医用画像電子博物館
  7. ^ 新たな医工学分野の発展を期待する
  8. ^ 古瀬 和寛「地域医療における画像診断の役割と展開とくに磁気共鳴診断装置登場の背景とその後の歩み」『全国自治体病院協議会雑誌』第373号、全国自治体病院協議会、1999年7月、 35-49頁。

外部リンク編集