陶宗儀(とう そうぎ)は、末から初にかけての学者、文人。主著に『輟耕録』(てっこうろく)などがある。

目次

生涯編集

陶宗儀の生涯については友人の孫作による伝記がある[1]

陶宗儀は台州黄岩の人で、を九成といった。若いころ科挙試験に合格しなかったため、そのまま官吏にならずに学問に励んだ。松江(正確には松江の東北にある泗涇鎮[2])に隠居して、南村と号した。農耕をしながらその余暇に書いた随筆が『輟耕録』であるという[3]

陶宗儀の生卒年ははっきりしないが、建文年間のはじめにはまだ生きていたらしい[4]

主要な著作編集

  • 輟耕録』 - 随筆。30巻。
  • 書史会要』 - 元までの書家の伝記を集めたもの。9巻。巻8には中国以外のさまざまな文字について述べており、日本の仮名とその発音についても記す。
  • 説郛』 - 漢籍を集めた叢書。100巻。
  • 『南村詩集』 - 詩集。4巻。

脚注編集

  1. ^ 孫作 「陶先生小伝」『滄螺集』巻四。
  2. ^ 朱彝尊明詩綜』巻十二・陶宗儀。
  3. ^ 『輟耕録』の孫作による序による
  4. ^ 銭謙益列朝詩集小傳』甲集・陶南村宗儀。

参考文献編集