陸 寅修(ユク・インス、朝鮮語: 육인수1919年12月3日 - 2001年6月25日)は、大韓民国教員政治家。第6・7・8・9・10代大韓民国国会議員[1]

本貫沃川陸氏

経歴編集

1919年12月3日、日本統治時代の朝鮮忠清北道沃川に、陸鍾寛と李氏のもとに生まれた。姉に陸寅順、妹に陸英修、義弟に朴正煕、姪に朴槿恵がいる。

清州公立高等普通学校(現・清州高等学校)を卒業後渡日し、東京の武蔵高等工科学校(現・東京都市大学)を卒業した。満洲国政府経済部水力電気建設局の技師を務めた後、帰国し中学校、高校などの教育機関において教員を務めた。第6代総選挙にて民主共和党の公認で立候補して当選し、国会議員となりその後も4度務めた[1]

その後政界の要職などを務め、2001年6月25日、持病により82歳で死去した[2]

脚注編集

  1. ^ a b 대한민국헌정회”. www.rokps.or.kr. 2022年2月22日閲覧。
  2. ^ [부음前국회의원 육인수씨 별세]” (朝鮮語). www.donga.com (2001年6月25日). 2022年2月22日閲覧。