メインメニューを開く

陸 法言(りく ほうげん、生没年不詳)は、中国・隋代音韻学者本貫魏郡臨漳県法言であり、名は[1]または[2]という。陸爽の子で、陸氏鮮卑人である[3][4]

業績編集

法言は、漢字の発音の標準を定めるため、古来の韻書の記述を統合し、601年仁寿元年)に『切韻』5巻を編纂した。この編纂は、中国の歴史上、重要な業績の一つといえる。

『切韻』の序によれば、隋の開皇のはじめに、8人の著名学者(劉臻顔之推盧思道李若蕭該辛徳源薛道衡魏彦淵)が法言の家にきて音韻について討論し、のちに『切韻』を完成したとある。完成までに十数年かかったという。

607年大業3年)に科挙の制度がはじまるが、この制度によって、詩文の試験の成績がすぐれていれば、誰でも政府の要職につき、富と権力を得ることが可能となった。しかし詩文を読みこなし、つくりこなすためには、標準的な漢字音に精通していなければならない。その手引書となったのが『切韻』であった。以後、『唐韻』、『広韻』などに改訂され、中国の歴代の韻書における韻の分類は、『切韻』を基礎とすることになった。つまり、漢字の『切韻』音は、以後の中国語の一種の基準とされるに至ったのである[3][4]

脚注編集

  1. ^ 王仁昫『刊謬補欠切韻』による。『和名類聚抄』にも「陸詞切韻」とある。
  2. ^ 『旧唐書』経籍志上「『切韻』五巻、陸慈撰。」
  3. ^ a b zh:切韻
  4. ^ a b 岡田英弘 pp.103-106

出典・参考文献編集

関連項目編集