メインメニューを開く

陸海軍

ウィキメディアの曖昧さ回避ページ

陸海軍(りくかいぐん)は陸軍と海軍を総じた呼称。空軍の概念の生まれる以前の軍隊の別称としても用いられる。日本では、大日本帝国軍隊創設初期では明治維新以前からの海防(力の整備の)重視の観点から"海陸軍"[1]と呼んだが、陸軍の拡大や日清戦争以降の大陸進出に伴い次第に"陸海軍"と呼ばれるようになった。

脚注編集

  1. ^ 近代デジタルライブラリー法令全書慶応三年」で検索、2012年8月23日閲覧(224頁)。明治元年戊辰年十月、第九百二十五、「海陸軍局等級」