雇員(こいん)は、戦前の日本の官公庁における職員の身分のひとつ。

概要編集

雇員は、国家と公法上の関係で結ばれる官吏と違い、各官公庁とその雇員の間での民法上の契約関係で結ばれており、正式な官吏ではないとされている。一方、その業務の内容としては判任官と同様もしくは同様に近い業務を負っており、随時判任官に登用されることもあった。