雍城(ようじょう)は、中国の春秋時代の国都。6代君主の徳公元年(前677年)から24代君主の献公2年(前383年)まで19代294年間、秦としては最も長い期間国都であった。その後櫟陽中国語版に遷都した。

秦雍城遺址
全国重点文物保護単位
中華人民共和国国務院公布
所在 中華人民共和国の旗 中国陝西省宝鶏市鳳翔区
分類 遺跡
時代 東周
編号 3-204
登録 1988年

1988年、中華人民共和国国務院により「秦雍城遺址」の名で、「第三次中華人民共和国全国重点文物保護単位中国語版」に認定された。