メインメニューを開く

雲井 龍之介(くもい りゅうのすけ、1903年7月15日[1] - 1980年12月22日)は、日本俳優である。初期に雲井 淳(くもい あつし)と名乗った[1][2]。本名は澤 武史-、さわ たけし)[1]極東キネマでは、市川寿三郎綾小路絃三郎とともに「極東の三羽烏」と呼ばれた剣戟俳優である[3]

くもい りゅうのすけ
雲井 龍之介
本名 澤 武史 さわ たけし
別名義 雲井 淳 くもい あつし
生年月日 (1903-07-15) 1903年7月15日
没年月日 (1980-12-22) 1980年12月22日(77歳没)
出生地 日本の旗 日本 東京府東京市(現在の東京都
職業 俳優
ジャンル 劇映画現代劇時代劇剣戟映画サイレント映画トーキー
活動期間 1924年 - 1941年
活動内容 1924年 東亜キネマ入社
1926年 主演昇格
1929年 河合映画移籍
1930年 帝国キネマ演芸移籍
1931年 新興キネマ移籍
1932年 東活映画社
1933年 日活太秦撮影所移籍
1935年 第一映画移籍
1936年 極東映画移籍
1941年 極東映画消滅

目次

人物・来歴編集

1903年(明治36年)7月15日東京府東京市(現在の東京都)に「澤武史」として生まれる[1]

1924年(大正13年)東亜キネマ等持院撮影所に入社[1]、同年、「雲井淳」の名で、寿々喜多呂九平脚本、沼田紅緑監督の『斬奸』に久富美雄三役で出演する[2]。1926年(大正15年)、主演俳優に昇格し、村越章二郎監督の『勤王』で新進スターとして売り出される[1]広瀬五郎監督の『剣侠受難』(1927年)、後藤秋声監督の『砂絵呪縛』(1927年)等に主演した後に、1929年(昭和4年)、河合映画に移籍した[2]。同年の主演作『貝殻一平』は、5社競作の人気原作で、相手役には琴糸路が起用された。

1930年(昭和5年)、帝国キネマ演芸移籍、渡辺新太郎監督の『次郎吉ざんげ』等に出演[2]、1931年(昭和6年)、同社が新興キネマに改組された。

1932年(昭和7年)には、東亜キネマを改組した東活映画社へ移籍、志波西果が監督した『夜明けの女』等に出演した[2]が、同年、同社が解散したため、1933年(昭和8年)、日活太秦撮影所に移籍した。同社では、9本に出演し、大河内傳次郎の代役で出演した尾崎純監督の『へり下りの利七[1]を最後に、1934年(昭和9年)に片岡千恵蔵片岡千恵蔵プロダクション、1935年(昭和10年)には永田雅一第一映画マキノ正博マキノトーキー製作所と転々とした[2]

1936年(昭和11年)、前年に設立された極東映画に移籍、5年間に57本に出演した。1941年(昭和17年)、高田博文監督の『燃ゆる魂』に出演した後は、極東映画が合併して消滅し、事実上の引退となった[2]

1980年(昭和55年)12月22日、死去した。満77歳没。

おもなフィルモグラフィ編集

編集

  1. ^ a b c d e f g 『無声映画俳優名鑑』、無声映画鑑賞会編、マツダ映画社監修、アーバン・コネクションズ、2005年、p.140
  2. ^ a b c d e f g #外部リンク欄、「雲井竜之介」リンク先、日本映画データベース、2009年10月27日閲覧。
  3. ^ 『無声映画俳優名鑑』、p.128。

外部リンク編集