電撃戦 (デイトン)

電撃戦(でんげきせん)はレン・デイトンによって書かれた、第一次世界大戦直後のドイツの混乱期からダンケルクの戦いまでを描いたノンフィクション作品である。

原題は『BLITZKREIG - From the Rise of Hitler to the Fall of Dunkirk -』 Jonathan Cape 社にて1979年刊行。日本では1989年に書籍が、1994年に文庫が早川書房から刊行されている。

レン・デイトン曰く、「戦史上これこそが唯一の本当の電撃戦の例として残っている」(第四部 ムーズ川をめぐる戦いp320)として1940年のフランス侵攻を詳細に記述している。

日本語翻訳版では以下のように五部構成となっている。

  • (第一部)「ヒトラーとその軍隊」…第一次世界大戦後のドイツの状況からナチスの台頭、そしてその後のドイツ陸軍の状況
  • (第二部)「戦争するヒトラー」…ヒトラーの外交と各国の状況
  • (第三部)「電撃戦-その武器と方法」…電撃戦を形作る陸軍・空軍及び各国の軍事情勢の分析
  • (第四部)「ムーズ川をめぐる戦い」…フランス侵攻の前段
  • (第五部)「ひびの入った勝利」…後半からダンケルクに至る戦い、そしてこの戦争の総括

関連項目編集