メインメニューを開く

韮崎中央公園陸上競技場(にらさきちゅうおうこうえん・りくじょうきょうぎじょう)は、山梨県韮崎市韮崎中央公園内にある陸上競技場。施設は韮崎市が所有・運営管理にあたっている。

韮崎中央公園陸上競技場
韮崎中央公園陸上競技場
施設情報
所在地 山梨県韮崎市藤井町北下条2531
位置 北緯35度43分20.69秒 東経138度26分20.94秒 / 北緯35.7224139度 東経138.4391500度 / 35.7224139; 138.4391500座標: 北緯35度43分20.69秒 東経138度26分20.94秒 / 北緯35.7224139度 東経138.4391500度 / 35.7224139; 138.4391500
所有者 韮崎市
運用者 韮崎市
グラウンド 天然芝
使用チーム、大会
韮崎アストロス
収容能力
4,000人

目次

概要編集

1985年全国社会人サッカー選手権大会および1986年の第41回国民体育大会(かいじ国体)のサッカー競技、2014年のインターハイサッカー競技、2008年の第88回天皇杯全日本サッカー選手権大会の1回戦の会場としてとして使用されたほか、現在は山梨県社会人リーグ韮崎アストロスのホームスタジアムとして使用している。また、1999年にはJリーグヴァンフォーレ甲府がJリーグに参入した初戦を当競技場で行われている(本来のホームスタジアムである山梨県小瀬スポーツ公園陸上競技場が使用できなかったため)。収容人数や夜間照明設備が設置されていない等の問題から当競技場でヴァンフォーレ甲府の主催試合が行われたのは1999年と2000年のみであるが、現在も韮崎中央公園芝生広場と共にヴァンフォーレ甲府の練習場の1つとして使用されている。

その他、全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会山梨県予選および全国高等学校サッカー選手権大会山梨県予選の会場としても使用されているなど、サッカーの街と呼ばれる韮崎らしくサッカー競技場として使用されることが多い。一方で第5種公認であることから陸上競技での使用は学校内競技会やクラブ対抗競技会などに限られている。

施設概要編集

  • 第5種公認競技場
  • 全天候型トラック
  • フィールド
  • 収容観客数:4,000人
    • メインスタンド(固定席):1,000人
    • 芝生スタンド:3,000人
  • 夜間照明施設:なし

交通アクセス編集

外部リンク編集