高嵩松

江戸時代の英派の絵師、狂歌師

高 嵩松(こう すうしょう、享保9年〈1724年〉 - 文化8年6月28日1811年8月16日〉)は、江戸時代英派絵師狂歌師。

来歴編集

高嵩谷の門人。渡辺氏、名は正雄。後に平七と改名している。高嵩松と号した他、狂歌名を元の杢阿弥または元の木網、落葉庵といった。通称は大野屋喜三郎といい、もと武蔵国松山の人であった。京橋北紺屋町で湯屋を営業していたが、後に芝西久保神谷町、花川戸、神田永富町に移り住んでいる。剃髪してからは珠阿弥と称している。絵描きとしてより狂歌師として著名であり、蜀山人らとともに江戸における狂歌壇の大立者であった。晩年には向島に隠居している。寛政から文化頃、作画をしており、『蜀山人判取帳』に自画賛が見られる。 門人に蟹子丸、金埒、北静盧など[1]。享年88。墓所は深川万年町の正覚寺。法名は心性院琢誉珠阿弥陀仏。

作品編集

  • 『狂歌巨月賞』狂歌本 秋長堂編 文化1年 共画

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ 関隆治・編『國学者著述綜覧』森北書店、1943年、74p。