メインメニューを開く

鬼の詩』(おにのうた)は藤本義一小説。『別冊小説現代』(講談社1974年(昭和49年)春号初出で、同年に第71回直木賞受賞。更に1975年には本作を原作とする同名の映画が製作された。

明治末期の上方落語家・桂馬喬の芸に対する執念を描く。馬喬のモデルは桂米喬とされる。

目次

映画版編集

1975年8月16日公開。監督の村野鐵太郎ATGで製作した(鐡プロダクション=ATG作品)。脚本を原作者の藤本が担当している他、冒頭で笑福亭松鶴と対談している。文化庁優秀映画製作奨励金交付作品[1]

スタッフ編集

キャスト編集

脚注編集

  1. ^ 藤本義一『鬼の詩』(講談社文庫)年譜 P.251

外部リンク編集