鬼平犯科帳全作品一覧

ウィキメディアの一覧記事
鬼平犯科帳 > 鬼平犯科帳全作品一覧

鬼平犯科帳全作品一覧(おにへいはんかちょうぜんさくひんいちらん)

池波正太郎の捕物帳『鬼平犯科帳』の一覧。

作品一覧編集

以下、文庫本の巻分け、配列順序によって全作品を示す。第一巻「浅草・御厩河岸」を「唖の十蔵」の前に持ってくれば発表順となる。なお、単行本と文庫本では収録の範囲が巻によって違う(文庫十三巻=単行本八巻「一本眉」以降は一致)。

文庫本収録巻数 単行本収録巻数
唖の十蔵 第一巻 第一巻
「鬼平犯科帳」
本所・桜屋敷
血頭の丹兵衛
浅草・御厩河岸
老盗の夢
暗剣白梅香
座頭と猿
むかしの女
蛇の眼 第二巻
谷中・いろは茶屋
女掏摸お富
妖盗葵小僧
密偵 第二巻
「兇剣」
お雪の乳房
埋蔵金千両
麻布ねずみ坂 第三巻
盗法秘伝
艶婦の毒
兇剣
駿州・宇津谷峠
むかしの男
霧の七郎 第四巻
五年目の客
密通 第三巻
「血闘」
血闘
あばたの新助
おみね徳次郎
夜鷹殺し
深川・千鳥橋 第五巻
乞食坊主
女賊
おしゃべり源八
兇賊
山吹屋お勝
鈍牛 第四巻
「狐火」
礼金二百両 第六巻
猫じゃらしの女
剣客
狐火
大川の隠居
盗賊人相書
のっそり医者
雨乞い庄右衛門 第七巻
隠居金七百両
はさみ撃ち
掻堀のおけい
泥鰌の和助始末 第五巻「流星」
寒月六間堀
盗賊婚礼
用心棒 第八巻
あきれた奴
明神の次郎吉
流星
白と黒
あきらめきれずに
雨引の文五郎 第九巻
鯉肝のお里
泥亀
本門寺暮雪 第六巻
「追跡」
浅草・鳥越橋
白い粉
狐雨
犬神の権三 第十巻
蛙の長助
追跡
五月雨坊主
むかしなじみ
消えた男
お熊と茂平
男色一本饂飩 第十一巻
土蜘蛛の金五郎 第七巻
「密告」
泣き味噌屋
密告
雨隠れの鶴吉
いろおとこ 第十二巻
高杉道場・三羽烏
見張りの見張り
密偵たちの宴
二つの顔
白蝮
二人女房
熱海みやげの宝物 第十三巻 第八巻
「一本眉」
殺しの波紋
夜針の音松
墨つぼの孫八
春雪
一本眉
あごひげ三十両 第十四巻 第九巻
「五月闇」
尻毛の長右衛門
殿さま栄五郎
浮世の顔
五月闇
さむらい松五郎
「雲竜剣」赤い空 第十五巻 第十巻
「雲竜剣」
「雲竜剣」剣客医者
「雲竜剣」闇
「雲竜剣」流れ星
「雲竜剣」急変の日
「雲竜剣」落ち鱸
「雲竜剣」秋天清々
影法師 第十六巻 第十一巻
「影法師」
網虫のお吉
白根の万左衛門
火付け船頭
見張りの糸
霜夜
「鬼火」権兵衛酒屋 第十七巻 第十二巻
「鬼火」
「鬼火」危急の夜
「鬼火」旧友
「鬼火」闇討ち
「鬼火」丹波守下屋敷
「鬼火」見張りの日々
「鬼火」汚れ道
俄か雨 第十八巻 第十三巻
「草雲雀」
馴馬の三蔵
蛇苺
一寸の虫
おれの弟
草雲雀
霧の朝 第十九巻 第十四巻
「霧の朝」
妙義の団右衛門
おかね新五郎
逃げた妻
雪の果て
引き込み女
おしま金三郎 第二十巻 第十五巻
「助太刀」
二度ある事は
怨恨
高萩の捨五郎
助太刀
寺尾の治兵衛
泣き男 第二十一巻 第十六巻
「春の淡雪」
瓶割り小僧
麻布一本松
討ち入り市兵衛
春の淡雪
男の隠れ家
「迷路」豆甚にいた女 第二十二巻 第十七巻
「迷路」
「迷路」夜鴉
「迷路」逢魔が時
「迷路」人相書二枚
「迷路」法妙寺の九十郎
「迷路」梅雨の毒
「迷路」座頭徳の市
「迷路」托鉢坊主
「迷路」麻布・暗闇坂
「迷路」高潮
「迷路」引鶴
隠し子 第二十三巻 第十八巻
「炎の色」
「炎の色」夜鴉の声
「炎の色」囮
「炎の色」荒神のお夏
「炎の色」おまさとお園
「炎の色」盗みの季節
「炎の色」押し込みの夜
女密偵女賊 第二十四巻 第十九巻
「誘拐」
ふたり五郎蔵
「誘拐」相川の虎次郎
「誘拐」お熊の茶店
「誘拐」浪人神谷勝平
「乳房」男の家 番外編 番外編
「乳房」阿呆鴉
「乳房」十一屋語り草
「乳房」倉ヶ野の旦那
「乳房」再・十一屋語り草
「乳房」五年後
「乳房」豆岩の岩五郎
「乳房」回生堂主人
「乳房」縁
「乳房」月夜饅頭
「乳房」雑司が谷・鬼子母神境内