鰐川(わにがわ)は、五島列島福江島中央部の山内盆地から北東へ流れ、岐宿湾へ注ぐ二級河川である。流域は全て長崎県五島市に属する。

鰐川
水系 二級水系 鰐川
種別 二級河川
延長 14.6 km
平均流量 -- m³/s
流域面積 32.4 km²
水源 山内盆地・父ヶ岳
水源の標高 461 m
河口・合流先 岐宿湾
流域 日本の旗 日本
長崎県五島市(福江島)
テンプレートを表示

福江島では東に並んで流れる一の川に次ぐ河川規模をもち、延長14.6kmは長崎県内の川で第7位である。流域の岐宿地区は田畑が多く、「五島の穀倉」とも称される。鰐川はこれらの田畑を潤す重要な川である。

流域編集

福江島中央部にある、南北5km・東西2kmの山内盆地(やまのうちぼんち)に、周辺の山から多くの支流が流れこむ。山内盆地の西には福江島最高峰の父ヶ岳(ててがたけ : 標高461m)、南西に七ツ岳(標高432m)、東に行者山(標高340m)などの山がある。

川は山内盆地の北側から流れ出て、志田尾-楠原-岐宿と続く玄武岩質の溶岩台地に深い谷を刻んで流れ下る。狭い谷は下流まで続き、岐宿の南で岐宿湾へ注ぐ。

関連施設・史跡編集

川原水力発電所
昭和13年(1938年)に、西隣の小川原川(大川原川支流)に建設された。鰐川中流の志田尾では小川原川への導水が行われ、水力発電に利用されている。
鰐川貝塚
下流の白餅田にある縄文時代貝塚。発見された貝殻は20種類で、特にマガキが多い。

関連道路編集

参考文献編集