メインメニューを開く

鳩間海丘(はとまかいきゅう)は、八重山列島の北に位置する海底火山である。

鳩間海丘
鳩間海丘の位置(日本内)
鳩間海丘
鳩間海丘 (日本)
頂上深度 -1,381 m
高さ 500 - 600 m
所在地
所在地 八重山列島の北
座標 北緯24度52分 東経123度51分 / 北緯24.867度 東経123.850度 / 24.867; 123.850
地質
種別 海底火山
火山/ 南西諸島

概要編集

1996年に発見された。八重山列島の西表島の北で、沖縄トラフ南部の北緯24度52分 東経123度51分に位置し、頂部水深は1,381m[1]。この海域には、西表島北北東沖海丘群と呼ばれる東北東-西南西方向に2列に並ぶ海丘列があり、南側には西から第一小浜海丘、第二小浜海丘、西表海丘、水納海丘が並び、北側には西から鳩間海丘、鳩間小丘列、石垣海丘群が並んでいる[2][3]

鳩間海丘は直径約4km、比高500 - 600mのカルデラ火山で、熱水噴出孔の存在が確認されている。ドルフィン-3Kしんかい2000しんかい6500などによって調査が進められている[1][2][3][4]

鳩間海丘の熱水噴出孔からは摂氏300度の熱水と猛毒とされる硫化水素が噴出しており、高い水圧とともに苛酷な自然環境と考えられていたが、硫化水素を分解するバクテリアの存在が発見されたことによってそれに依存する生物が多数発見されており[要出典]、太陽の光に依存しない芳醇な生態系が形成されている。

生物編集

熱水噴出孔周辺では、以下の生物が優占することが確認されている。

そのほかハオリムシ類(チューブワーム)が生息している熱水噴出孔も確認されている。[要出典]

火口外では、ヒトデ類、カイメン類、ヨロイシンカイコシオリエビ、ツブトゲヒラタエビ類が確認され、海丘斜面の泥地では、ヤスリアカザエビ類が確認されている[5]

脚注編集

  1. ^ a b 西表島北北東海底火山”. 海上保安庁 海洋情報部. 2018年5月3日閲覧。
  2. ^ a b 渡辺一樹「沖縄トラフ南部,鳩間海丘の海底熱水活動」『しんかいシンポジウム予稿集』第16巻、海洋科学技術センター、1999年10月、 29-30頁。
  3. ^ a b 渡辺一樹「沖縄トラフ,鳩間海丘の海底熱水活動域のマッピング」『JAMSTEC深海研究』第19巻、海洋科学技術センター、2001年10月1日、 87-94頁。
  4. ^ 岩田大吾、土岐知弘、大森保、石橋純一郎、高井研「鳩間海丘において世界で初めて観測された「青い熱水」の形成メカニズム」『2008年度日本地球化学会第55回年会講演要旨集』、日本地球化学会、2008年。
  5. ^ a b 土田真二、渡辺一樹、石橋純一郎、三宅裕志、渡部元、山口寿之、北島富美雄、中野綾子、松村美奈子、渡部裕美「鳩間海丘および水納海丘における熱水噴出現象に関する生物,地質,地球化学的調査概要報告」『JAMSTEC深海研究』第17巻、海洋科学技術センター、2000年11月1日、 35-42頁。

関連項目編集