鷲ノ森 常吉(わしのもり つねきち、生年不明、1914年4月24日没)は明治時代の大相撲力士。年寄7代湊川

1876年高砂改正組で初土俵。1878年5月東京相撲に加入し、三段目。1880年1月幕下二段目。最高位は幕下5枚目。1895年1月引退、世話人。湊川(元大関・八幡山)の廃業後、1897年1月年寄湊川に。湊川部屋を経営した。

1914年4月24日死去。

出典編集

  • 海蔵寺”. 相撲記念館・史跡案内. 2019年10月5日閲覧。