黒旗 (イスラム教)

黒旗(こっき、アラビア語:الراية السوداء)は、イスラム教の伝統の中で、ムハンマドが掲げた旗の一つである。747年のアッバース革命につながるアブー・ムスリムの蜂起で使用され、アッバース朝とも関連する。また、イスラムの終末論(マフディーの到来を告げるもの)の象徴でもある。[1]

参考文献編集

  1. ^ David Cook (2002). Studies in Muslim Apocalyptic. Darwin Press. p. 197. ISBN 9780878501427. https://archive.org/details/studiesmuslimapo00cook  from Majlisi,