(R)-2-ヒドロキシ酸デヒドロゲナーゼ

(R)-2-ヒドロキシ酸デヒドロゲナーゼ((R)-2-hydroxyacid dehydrogenase, ComC)は、次の化学反応触媒する酸化還元酵素である。

(R)-2-ヒドロキシ酸デヒドロゲナーゼ
識別子
EC番号 1.1.1.272
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA英語版 BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBj PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO
テンプレートを表示
(2R)-3-スルホ乳酸 + NAD(P)+ 3-スルホピルビン酸 + NAD(P)H + H+

すなわち、この酵素の基質(2R)-3-スルホ乳酸とNAD(P)+、生成物は3-スルホピルビン酸とNAD(P)HとH+である。

組織名は(R)-2-hydroxyacid:NAD(P)+ oxidoreductaseで、別名に(R)-sulfolactate:NAD(P)+ oxidoreductase, L-sulfolactate dehydrogenase, (R)-sulfolactate dehydrogenaseがある。

参考文献編集

  • Graupner M, White RH (2001). “The first examples of (S)-2-hydroxyacid dehydrogenases catalyzing the transfer of the pro-4S hydrogen of NADH are found in the archaea”. Biochim. Biophys. Acta. 1548: 169–73. PMID 11451450. 
  • Graham DE, White RH (2002). “Elucidation of methanogenic coenzyme biosyntheses: from spectroscopy to genomics”. Nat. Prod. Rep. 19: 133–47. doi:10.1039/b103714p. PMID 12013276.