1505年ロームスタン地震

1505年ロームスタン地震は、1505年6月6日に発生し、推定マグニチュードは8.2から8.8で、ネパール史上最大の地震の1つになった。この地震により、当時のネパールの人口の約30%が死亡した。[3]地震はネパール北部で発生し、中国南部に影響を及ぼした。

1505年ロームスタン地震
1505年ロームスタン地震の位置(ネパール内)
1505年ロームスタン地震
本震
座標 北緯29度30分 東経83度00分 / 北緯29.5度 東経83.0度 / 29.5; 83.0座標: 北緯29度30分 東経83度00分 / 北緯29.5度 東経83.0度 / 29.5; 83.0
規模    M8.2–8.8 [1][2]
地震の種類 巨大地震
被害
被害地域 ネパール, 中国, インド
プロジェクト:地球科学
プロジェクト:災害
テンプレートを表示

脚注編集

  1. ^ Jha, Madan Kumar (2010). Natural and Anthropogenic Disasters: Vulnerability, Preparedness and Mitigation. New Delhi: Springer. pp. 25–26. ISBN 978-90-481-2497-8. https://archive.org/details/naturalanthropog00jham_873 
  2. ^ Bilham R.; Ambraseys N.N. (2005). “Apparent Himalayan slip deficit from the summation of seismic moments for Himalayan earthquakes, 1500–2000”. Current Science 88 (10): 1658–1663. JSTOR 24110492. http://www.iisc.ernet.in/~currsci/may252005/1658.pdf. 
  3. ^ Himalayan Earthquake Research”. unr.edu. 2015年9月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月21日閲覧。

関連項目編集