1910年5月9日の日食

1910年5月9日に起こった日食

1910年5月9日の日食は、1910年5月9日に観測された日食である。南極大陸とオーストラリアのタスマニア州で皆既日食が観測され、オーストラリア、マレー諸島中南部及び以上の地域の周辺の一部で部分日食が観測された[1]

SE1910May09T.png

通過した地域編集

皆既帯が通過した、皆既日食が見えた地域は南極大陸ウィルクスランドの一部とオーストラリアタスマニア州中南部だった[2][3]。また、皆既日食が見えなくても、部分日食が見えた地域はマレー諸島中東部、オーストラリア全国、ニュージーランド南西部、メラネシア中西部、ケルゲレン諸島、南極大陸のインド洋沿岸[1][4]

観測編集

交通が極めて不便な南極大陸のほか、皆既帯が通過した唯一の陸地はオーストラリアのタスマニア州だった。雨季の不利な條件にもかかわらず、イギリスのパイオニア飛行士フランシス・マクリーン英語版率いる観測隊はタスマニア島南西部海岸にあるポート・デイビー英語版に行った。結果、雨の天気で観測は成功しなかった。また、タスマニア島南東に位置するブルニー島での観測も天気で失敗し、タスマニア島西部海岸のジーアン英語版ストラーンでは部分日食の段階で晴れだったが、皆既日食の段階に入って天気が悪化した。内陸にあるクイーンズタウン英語版はごく少数の日食の過程のすべてが見えた場所で、コロナの写真を撮った人もいた[5][6]

脚注編集

  1. ^ a b Fred Espenak. “Total Solar Eclipse of 1918 Jun 08”. NASA Eclipse Web Site. 2016年4月10日閲覧。
  2. ^ Fred Espenak. “Total Solar Eclipse of 1910 May 09 - Google Maps and Solar Eclipse Paths”. NASA Eclipse Web Site. 2016年4月2日閲覧。
  3. ^ Xavier M. Jubier. “Eclipse Totale de Soleil du 9 mai 1910 - Cartographie Interactive Google (1910 May 9 Total Solar Eclipse - Interactive Google Map)”. 2016年4月2日閲覧。
  4. ^ Fred Espenak. “Catalog of Solar Eclipses (1901 to 2000)”. NASA Eclipse Web Site. 2016年4月2日閲覧。
  5. ^ F. K. McClean and Others (1910年5月). “Report of the Solar Eclipse Expedition to Port Davey, Tasmania, May, 1910”. 2016年4月2日閲覧。
  6. ^ Lockyer, Sir Norman; Group, Nature Publishing; Gateway, UM-Medsearch (23 June 1910). “THE TOTAL SOLAR ECLIPSE OF May 9, 1910”. Nature 83 (2121): 494–495. doi:10.1038/083494a0. http://books.google.com/books?id=nHkCAAAAIAAJ&pg=PA494 2016年4月2日閲覧。.