1961年ウィンブルドン選手権

1961年 ウィンブルドン選手権(The Championships, Wimbledon 1961)に関する記事。イギリスロンドン郊外にある「オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ」にて開催。

シード選手編集

男子シングルス編集

  1.   ニール・フレーザー (4回戦)
  2.   ロッド・レーバー (初優勝)
  3.   ニコラ・ピエトランジェリ (3回戦)
  4.   ロイ・エマーソン (ベスト8)
  5.   マニュエル・サンタナ (2回戦)
  6.   ルイス・アヤラ (ベスト8)
  7.   ラマナサン・クリシュナン (ベスト4)
  8.   チャック・マッキンリー (準優勝)

女子シングルス編集

  1.   サンドラ・レイノルズ (ベスト4)
  2.   マーガレット・スミス (ベスト8)
  3.   アン・ヘイドン (4回戦)
  4.   レスリー・ターナー (2回戦)
  5.   ヨラ・ラミレス (ベスト8)
  6.   クリスティン・トルーマン (準優勝)
  7.   アンジェラ・モーティマー (初優勝)
  8.   カレン・ハンツェ (ベスト8)

男子ダブルス編集

  1.   ロイ・エマーソン  ニール・フレーザー
  2.   ロッド・レーバー  ロバート・マーク
  3.   ニコラ・ピエトランジェリ  オーランド・シロラ
  4.   ルイス・アヤラ  ラマナサン・クリシュナン

女子ダブルス編集

  1.   サンドラ・レイノルズ  レネ・シュールマン
  2.   アン・ヘイドン  クリスティン・トルーマン
  3.   マーガレット・スミス  ジャン・レヘイン
  4.   レスリー・ターナー  サリー・ムーア

混合ダブルス編集

  1.   フレッド・ストール  レスリー・ターナー
  2.   エンリケ・モレア  マーガレット・スミス
  3.   イリ・ヤホルスキ  ベラ・スコバ
  4.   ロバート・ハウ  エダ・ブディング

大会経過編集

男子シングルス編集

準々決勝

準決勝

女子シングルス編集

準々決勝

準決勝

決勝戦の結果編集

男子シングルス
女子シングルス
男子ダブルス
女子ダブルス
混合ダブルス

外部リンク編集

  • 抽選表・シード選手:男子女子 (男子はGrand Slam Tennis Archive、女子はTennisForum.com提供スレッドによる)

参考文献編集

  • Maurice Brady, “Lawn Tennis Encyclopedia” (ローンテニス百科事典) David & Charles, Newton Abbot, Devon, England (1969 Ed.) 204ページ [シード選手]
  • Lance Tingay, “100 Years of Wimbledon” (ウィンブルドンの100年史) Guinness Superlatives Ltd., London (1977) ISBN 0-900424-71-0 [大会経過、選手国籍]
  • Bud Collins, “Total Tennis: The Ultimate Tennis Encyclopedia” Sport Classic Books, Toronto (2003 Ed.) ISBN 0-9731443-4-3 [大会経過、選手フルネーム]


先代:
1961年全仏テニス選手権
テニス4大大会
1961年
次代:
1961年全米テニス選手権
先代:
1960年ウィンブルドン選手権
ウィンブルドン選手権
1961年
次代:
1962年ウィンブルドン選手権