1968年9月22日の日食

1968年9月22日に起こった日食

1968年9月22日の日食は、1968年9月22日に観測された日食である。ソ連と中国で皆既日食が観測され、ユーラシア大陸中西部及び周辺の一部で部分日食が観測された[1]

SE1968Sep22T.png

通過した地域編集

皆既帯が通過した、皆既日食が見えた地域はソ連セヴェルナヤ・ゼムリャ諸島及びネネツ自治管区ヤマロ・ネネツ自治管区の隣接地域からカザフ・ソビエト社会主義共和国までの地域(現在のロシアカザフスタンに属する)、中国新疆ウイグル自治区だった[2][3]

また、皆既日食が見えなくても、部分日食が見えた地域はカナダ北東部沿岸、グリーンランドヨーロッパのほとんど(イベリア半島を除く)、アフリカ北東部、アジア中西部だった[1][4]

観測編集

ソ連編集

Opton社はシュテルンベルク天文研究所に皆既日食を観測する提案をし、バルハシ湖沿岸のシャルィ=シャガニェ村(Шары-Шагане)を目的地と選び、もっと早く目的地に着くためにソ連鉄道省に手紙を送って協力を求めた。観測隊はコロナスペクトルを撮り、MTO-1000ロシア語版レンズでコロナの写真撮影に協力した学生もいた。観測中気温が変わったため、も現れた[5]

中国編集

これは中華人民共和国建国後国内に見える初の皆既日食である。当時は文化大革命中で、1936年1941年の2回の皆既日食の観測を率いた張鈺哲中国語版などの天文学者が失脚し、中国科学院は当時の地球物理局副局長の張魁三などを含む約200人の観測隊を新疆に派遣した。観測は毛沢東紫金山天文台を視察した1953年2月の意味を持つ「532」をコードネームにした。観測隊はまず3日間をかけて列車で新疆の首府ウルムチに着き、自動車に乗り換え、また7天間で光学観測地であるモンゴルキュレ県モンゴルキュレ鎮中国語版と電波観測地であるカシュガル市に到着した。山の洞窟で重力測定なども行った。動乱を防ぐため、総理周恩来中国人民解放軍少将の劉西尭中国語版に軍隊を率いさせ、食事と宿泊を観測隊に提供させた。結果、観測隊は中国初の単色光観測と太陽の高解像度電波観測と有人航空機での日食観測に成功した。また、上海科学教育映画スタジオは李文秀などを現地に派遣し、日食の影像を撮り、科学教育の映画「百倍の抱負で日食を観る」を制作ことに成功した[6][7]

この皆既日食の皆既帯はソ連と中国2カ国しか通過しなかった。中ソ対立のため、1958年4月19日の金環日食のような共同観測はなかった。観測から約半年後、1969年1月23日付けの中国共産党機関紙「人民日報」はこの皆既日食の観測結果を報道し、「大きな成果を獲得した」と述べ、ソ連を「何度も妨害した」と非難した[8][9]

脚注編集

  1. ^ a b Fred Espenak. “Total Solar Eclipse of 1968 Sep 22”. NASA Eclipse Web Site. 2019年8月24日閲覧。
  2. ^ Fred Espenak. “Total Solar Eclipse of 1968 Sep 22 - Google Maps and Solar Eclipse Paths”. NASA Eclipse Web Site. 2019年8月24日閲覧。
  3. ^ Xavier M. Jubier. “Xinjiang, Chine - Union Soviétique - Eclipse Totale de Soleil du 22 septembre 1968 - Cartographie Interactive Google (Xinjiang, China - Soviet Union - 1968 September 22 Total Solar Eclipse - Interactive Google Map)”. 2019年8月24日閲覧。
  4. ^ Fred Espenak. “Catalog of Solar Eclipses (1901 to 2000)”. NASA Eclipse Web Site. 2019年8月24日閲覧。
  5. ^ Полное солнечное затмение 22 сентября 1968 г.”. 2010年1月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年8月24日閲覧。
  6. ^ 20世纪中国日全食观测小史”. 2019年8月24日閲覧。
  7. ^ 《新闻调查》 19970314 寻踪日全食”. 中国中央テレビ. 2019年8月24日閲覧。
  8. ^ “用毛泽东思想探索太阳的奥秘——记我国首次大规模日全食综合观测队”. 人民日报. (1969年1月23日). "一九五八年苏修打着“中苏日环食联合观测”的幌子,来我国掠取日环食资料。观测结束后,把一台破烂不堪的射电望远镜天线留在中国,还美其名曰“帮助中国发展射电天文学”。后来,赫鲁晓夫修正主义集团把这个破烂的射电望远镜天线也要了回去。(修正主義のソ連は1958年に『中ソ金環日食合同観測』のフリをして、我が国に来て金環日食の資料を略奪した。観測の後、中国にボロボロな電波望遠鏡アンテナを1本だけ残して、『中国の電波天文学の発展に手伝う』と図々しい言った。その後、フルシチョフ修正主義集団はそのボロボロな電波望遠鏡アンテナまで返還させた。)" 
  9. ^ “我国大规模日全食综合观测取得辉煌成果”. 人民日报. (1969年1月23日)