1991年アゼルバイジャン独立住民投票

1991年アゼルバイジャン独立住民投票(1991ねんアゼルバイジャンどくりつじゅうみんとうひょう、英語: Azerbaijani independence referendum, 1991)は1991年12月29日ソビエト連邦の崩壊から3日後に行われたアゼルバイジャン独立住民投票[1]。95.3%の有権者が投票し、そのうち99.8%が独立に賛成した[2]

結果 編集

選択肢 票数 %
賛成 3,735,398 99.8
反対 9,068 0.2
無効票・白票 6,708
合計 3,751,174 100
有権者総数・投票率 3,751,174 95.3
出典:Nohlen et al.

脚注 編集

  1. ^ Dieter Nohlen, Florian Grotz & Christof Hartmann (2001) Elections in Asia: A data handbook, Volume I, p357 ISBN 0-19-924958-X
  2. ^ Nohlen et al., p360