2003 スダメリカーノ・フェメニーノ

2003 スダメリカーノ・フェメニーノは、2003年4月9日から4月27日にかけて、ペルー[1]で開催された第4回目のスダメリカーノ・フェメニーノ(南米女子サッカー選手権)である。当初の開催スケジュールは2002年4月5日から4月16日までだったが、後に変更された。この大会は2003 FIFA女子ワールドカップの南米予選を兼ねており、4回目の優勝を果たしたブラジルと準優勝のアルゼンチンが出場権を獲得した。

2003 スダメリカーノ・フェメニーノ
大会概要
開催国 ペルーの旗 ペルー
日程 2003年4月9日 - 4月27日
チーム数 10 (1連盟)
開催地数(1都市)
大会結果
優勝  ブラジル (4回目)
準優勝  アルゼンチン
3位  コロンビア
4位  ペルー
大会統計
試合数 15試合
ゴール数 70点
(1試合平均 4.67点)
 < 19982006

結果編集

グループリーグ編集

ブラジルは決勝リーグから参加する。その他の9カ国は3チームずつ3グループにわかれて1回戦総当り制で戦い、各グループ首位チームが決勝リーグに進出する。

グループ A編集

会場:リマペルー

チーム
1   ペルー 2 2 0 0 5 2 +3 6
2   ボリビア 2 1 0 1 8 4 +4 3
3   チリ 2 0 0 2 2 9 −7 0




グループ B編集

会場:ロハ (エクアドル)エクアドル

チーム
1   コロンビア 2 1 1 0 9 1 +8 4
2   ボリビア 2 1 1 0 3 1 +2 4
3   チリ 2 0 0 2 0 10 −10 0




グループ C編集

会場:サルタアルゼンチン

チーム
1   アルゼンチン 2 2 0 0 11 0 +11 6
2   パラグアイ 2 1 0 1 3 4 −1 3
3   ウルグアイ 2 0 0 2 1 11 −10 0




決勝リーグ編集

会場:リマペルー

チーム
1   ブラジル 3 3 0 0 18 2 +16 9
2   アルゼンチン 3 1 1 1 6 6 0 4
3   コロンビア 3 1 0 2 3 15 −12 3
4   ペルー 3 0 1 2 1 5 −4 1








ブラジル   12 - 0   コロンビア
プレチーニャ   7分15分
フォルミガ   22分
マルタ   34分50分70分 (PK)
カチア   42分44分74分82分89分
クリスチアニ   80分
レポート
エスタディオ・モヌメンタルリマ
主審:   Marisela Contreras



優勝国編集

 2003 スダメリカーノ・フェメニーノ優勝国 
 
ブラジル
4大会連続4回目

他大会出場権獲得国編集

2003 FIFA女子ワールドカップ
本大会出場

脚注編集

外部リンク編集