メインメニューを開く

2015年メナー群衆事故

2015年メナー群衆事故(2015 Mina stampede)は、2015年9月24日サウジアラビアメッカ近郊の谷メナー(ミナ[2])で発生した群集事故である。

2015年メナー群衆事故
The way to Jamarat Bridge 3.JPG
ジャマラート橋に向かう道(2011年に撮影)
場所 サウジアラビアの旗 サウジアラビアマッカ州メナー
座標 北緯21度24分59.5秒 東経39度53分04.9秒 / 北緯21.416528度 東経39.884694度 / 21.416528; 39.884694
日付 2015年9月24日
午後9時00分(サウジアラビア標準時
死亡者 少なくとも2,181人[1]
テンプレートを表示

年1回のハッジ(大巡礼)に訪れていた多数の巡礼者が群衆雪崩を起こし、窒息などにより多数の死傷者を出した[3]。サウジアラビア政府は死者数を769人と発表した[3]が、その後のAFPの集計では死者数は少なくとも2,181人に上ると発表している[1][3]。1990年7月2日に聖地に向かうトンネル内で1,426人が圧死した事故を上回り、メッカ史上最悪の群集事故となった[1][3]

事故現場(赤点)周辺の地図。ジャマラート橋(地図左上)に向かう途上で発生した。

この事故を受け、サウジアラビア国王サルマーン・ビン・アブドゥルアズィーズは大巡礼の運営方法を見直すよう指示した[3]。事故の犠牲者には多数のイラン人が含まれていたため、イランの指導者アリー・ハーメネイーはサウジアラビアに対して「責任転嫁や他者の非難をしていないで、サウジはまず責任を認め、全世界のイスラム教徒と遺族に謝罪すべきだ」として謝罪を要求した[4]

メッカでは13日前の2015年9月11日にも、カーバ神殿があるモスクマスジド・ハラーム」にクレーンが倒れ、107人が死亡した事故が起きたばかりだった[5]


脚注編集

外部リンク編集