2031型ソナー英語: Type 2031 sonar)は、イギリス海軍の水上艦用曳航ソナー[1]

概要編集

アメリカ海軍では戦略レベルのSURTASS戦術レベルのTACTASSをわけて配備していたのに対し、イギリス海軍では、本機を双方の任務に充当した[2]。このためアレイもTACTASSの倍の長さで、89ミリ径×500メートル長以上とされた。低周波に対応し、信号処理能力を強化したこともあり、ノルウェー海の水測環境であれば最低でも第3CZという超長距離の探知能力を実現した[1]

1971-72年度で、GECアビオニクス社が研究開発契約を受注し、開発が開始された[1]。1980年にはプロトタイプリアンダー級フリゲートクレオパトラ」に艤装され[2]、1982年にはリアンダー級4隻に搭載された。そして1983年には、音響信号処理装置にカーティス社製コンピュータを採用した2031Z型によって更新された。このコンピュータは、従来機と比して、重量にして60パーセント、電力消費にして80パーセントの低減を実現した[1]

搭載艦編集

  イギリス海軍

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d Friedman 1997, p. 612.
  2. ^ a b Friedman 2012, pp. 274-313.

参考文献編集

  • Friedman, Norman (1997). The Naval Institute guide to world naval weapon systems 1997-1998. Naval Institute Press. ISBN 9781557502681 
  • Friedman, Norman (2012). British Destroyers & Frigates: The Second World War & After. Naval Institute Press. ISBN 978-1473812796