Algodoo(日:あるごどぅ)は、Algoryxシミュレーション(AB)が 2次元の物理演算シミュレーションソフトとして開発を行っているソフトウェアで、Phunの後継である。

Algodoo
作者 Emil Ernerfeldt(スウェーデン)
開発元 Algoryxシミュレーション(AB)
初版 2009年9月1日 (11年前) (2009-09-01)
最新版
2.1.0 / 2013年4月17日 (8年前) (2013-04-17)
プログラミング
言語
C++
対応OS WindowsMac OS XiPad
対応言語 英語日本語等13ヶ国語
サポート状況 開発中
種別 物理演算
ライセンス シェアウェア(iPad版のみ、2013年4月17日-)
ドネーションウェア(2013年4月17日-)
シェアウェア(2009年9月1日-2013年4月17日)
公式サイト Algodoo
テンプレートを表示

概要編集

2009年9月1日にシェアウェアとして公開された。教育ツールとし、タッチ画面のコンピュータや加速度センサを搭載したコンピュータ、インテルクラスメイトPC用の機能を多く持っている。物理学はSPOOK[1]と呼ばれるClaude Lacoursièreの線形制約ソルバに基づいている。

始めは29ユーロシェアウェアな上、試用可能時間が15時間までだった[2]。その後、キャンペーンで価格を値下げしていき(最終的には2.99ユーロまで値下げされた)また、試用可能時間が1ヶ月まで延ばされた。最終的には2013年4月17日のバージョン2.1.0からドネーションウェア(寄付歓迎のフリーウェア)になった。同日、iPad版Algodooが公開されたが、こちらは4.99ドルのシェアウェアである[3]

シミュレーション編集

アルゴドゥにおけるシミュレーションでは、主に以下のツールと機能が与えられている[4]

ツール
図形操作・編集系
スケッチツール・移動ツール・回転ツール・カッターツール・ドラッグツール・拡大縮小ツール・テクスチャツール
図形作成系
ブラシツール・消しゴムツール・ポリゴンツール・歯車ツール・ボックスツール・サークルツール・平面ツール・チェーンツール
アタッチメント作成系
バネツール・固定ツール・回転軸ツール・スラスターツール・レーザーポインタツール・トレーサーツール
機能
CSG・速度の変更・引力・屈折率・キラー/不死のオブジェクト・図形の切断・液状化・スクリプト

これらのツール・機能を用いることで、多様なシーンを作成することができる。

アルゴドゥでは図形・アタッチメントなどに対して下記のパラメータを設定することができる。

図形に関して
密度(質量)・摩擦係数・反発係数・屈折率・引力衝突のレイヤー・コントローラの加速度・削除/鏡映のキー・テクスチャ(ユーザーは図形上に画像を配置できる)・色および透明度
レーザーポインタに関して
レーザー光の速さ・色・届く距離
回転軸やモーターに関して
色・回転速度・回転の強さ・衝撃耐性・操作するキー
バネについて
バネ定数・減衰定数・自然長
トレーサーについて
軌跡の色と太さ・軌跡が消えるまでの時間
その他
重力加速度・空気の粘性抵抗係数・空気の慣性抵抗係数

これらのパラメータを自由に設定できるため、多様なシミュレーション結果を得ることができる。

ユーザーが作成したシーン編集

ユーザーは公式のシーン共有サイトAlgoboxでシーンを共有することが可能である。2016年11月現在、100,000件以上のシーンデータが公開されている[5]

関連項目編集

参考文献編集

  1. ^ Claude Lacoursière's PhD Thesis 2007, Dept. Computing Science, Umeå University, Sweden
  2. ^ Phun日本語解説サイト - Phun.jp - 2013年6月2日閲覧
  3. ^ Download - Algodoo - 2013年6月2日閲覧
  4. ^ Download - algodoo_lessons.pdf - Algodooソフトに付属しているマニュアル - 2013年6月2日閲覧
  5. ^ What is it - Algobox -2013年6月2日閲覧

外部リンク編集