BOP試薬(ぼっぷしやく、Bop reagent)とは、ホスホニウムを共通構造に持つペプチド合成などに用いられる試薬である。

BOP試薬
識別情報
CAS登録番号 56602-33-6
特性
化学式 C12H22F6N6OP2
モル質量 442.281 g/mol
外観 白色の結晶性粉末
融点

136 - 140 °C

特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

元はカストロ (Castro) らが開発したベンゾトリアゾール-1-イルオキシ-トリスジメチルアミノホスホニウム塩((Benzotriazol-1-yloxy)-tris(dimetylamino)phosphonium hexafluorophosphate; CAS番号56602-33-6; 略号Bop)を意味したが、今日では各種誘導体が開発されておりホスホニウム塩のペプチド縮合剤の総称を意味する場合もある。

概要編集

ベンゾトリアゾール-1-イルオキシ-トリスジメチルアミノホスホニウム塩はカストロ試薬 (Castro's reagent) とも呼ばれる[1]。カストロらはトリス(ジメチルアミノ)ホスフィン/CCl4によるペプチド縮合反応を研究し、活性中間体がクロロトリス(ジメチルアミノ)ホスホニウムであることを見出し、より安定な活性種誘導体であるベンゾトリアゾール-1-イルオキシ-トリスジメチルアミノホスホニウム塩を開発した[2]

いずれのBOP試薬も反応系中で遊離カルボン酸と反応しHOBtエステルなど活性エステルを生成させる縮合剤である[3]

カストロ試薬を利用して、P. RivaileらはLH-RHホルモンフラグメントを合成し[4]、Wengerらはシクロスポリンを合成している[5]

同じくHOBt活性エステルを生成するDCC/HOBt法に比べカストロ試薬は反応も速く、DCUのような不溶性の副産物を生成しない点は有利である。しかしカストロ試薬自体は反応後に生成するHMPA発癌性が問題視されており、BOP誘導体が代換品として利用されることが多い。

BOP誘導体編集

次にBOP誘導体を示す。

  • PyBOP®[6] - PyBOPはメルクA.G.社の登録商標。CAS番号: 128625-52-5
  • PyAOP[7] CAS番号: 156311-83-0
  • BroP[8] CAS番号: 50296-37-2
  • PyCloP[8] CAS番号: 133894-48-1
  • PyBroP® CAS番号: 132705-51-2
  • DEPBT[9] CAS番号: 165534-43-0

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ Hudson, D. J. Org. Chem. 1988, 53, 617.
  2. ^ Revialle, P.; Goutron, J.; Castro, B. Tetrahedron 1980, 36, 3413.
  3. ^ 活性エステル種は試薬により異なり、カストロ試薬の場合はHOBtエステルである
  4. ^ Rivaile, P.; Gautron, J. P.; Castro, B.; Milhaud, G. Tetrahedron 1980, 36, 3413.
  5. ^ Wenger, R. M. Helv. Chim. Acta 1984, 67, 502.
  6. ^ Coste, J.; Le-Nguyeri, D.; Castro, B. Tetrahedron Lett. 1990, 31, 205.
  7. ^ Carpino, L. A.; El-Faham, A.; Minor, C. A.; Albericio, F. J. Chem. Soc., Chem. Commun. 1988, 201.
  8. ^ a b Coste, J.; Frerot, E.; Jouin, P. J. Org. Chem. 1994, 59, 2437.
  9. ^ Li, H.; Jiang, X.; Ye, Y.-h.; Fan, C.; Romoff, T.; Goodman, M. Org. Lett. 1999, 1, 91.
  • 泉屋信夫ら『ペプチド合成の基礎と実験』丸善、1985年。ISBN 4-621-02962-2

関連項目編集