メインメニューを開く

Bitrig(ビットリグ)は、Unix系BSDの子孫であるOpenBSDから分岐したオープンソースオペレーティングシステムで、AMD64ARMv7のプラットフォームについてサポートする。

Bitrig
Bitrig-logo.png
Bitrig-1.0-fvwm-screenshot.png
デフォルトのデスクトップ画面
開発者 Artur Grabowski, Patrick Wildt, Christiano F. Haesbaert, John C. Vernaleo, Pedro Martelletto, Martin Natano, Owain G. Ainsworth, Thordur Bjornsson,[1] Dale Rahn, Marco Peereboom, Christophe Prevotaux
OSの系統 Unix系, BSD, OpenBSD
開発状況 開発中
ソースモデル オープンソース
初リリース 1.0 / 2014年11月25日 (2014-11-25)
最新安定版リリース 1.0 / 2014年11月25日(4年前) (2014-11-25
パッケージ管理 Bitrig ports/packages
対応プラットフォーム AMD64ARMv7
カーネル種別 モノリシック
ライセンス ISCライセンス
ウェブサイト www.bitrig.org
テンプレートを表示

目次

概要編集

OpenBSDはその高いセキュリティで知られているが、その開発姿勢については新機能の導入に保守的であるとされている[2][3]。Bitrigでは、コンパイラはGCCからLLVM/Clang(バージョン3.4)をサポートするなど、モダンなアーキテクチャのプラットフォームをサポートすることを掲げている。

ベースシステムとして使用されたGNUのツールはTexinfoのみとするなど[4]、商業的にも使用しやすいコードベースだとされる[5]GPTのパーティション配置は、バージョン1.0リリース時点においてBitrigによりサポートされており[6]仮想化UEFI等に関するサポートのプランも予定されている[7]

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ "People - Bitrig", Github, 2015.
  2. ^ 末岡洋子 (2014年12月5日). “OpenBSDからフォークしたOS「Bitrig」、初の正式版がリリースされる”. OSDN Corporation. 2016年8月8日閲覧。
  3. ^ kawahara2 (2014年12月8日). “OpenBSDからフォークした「Bitrig 1.0」リリース”. begi.net. 2016年8月8日閲覧。
  4. ^ "Bitrig 1.0 Key Features", Bitrig, 2014.
  5. ^ "Faq - Bitrig", Github, 7 December 2014.
  6. ^ "Episode 067: Must be Rigged", bsdnow.tv, 10 December 2014.
  7. ^ "OpenBSD-Forked Bitrig Finally Sees Its Initial Release", Phoronix Media, 4 December 2014.

外部リンク編集