Box2D(Box2D)とは、質量速度摩擦といった、古典力学的な法則をシミュレーションするゲーム用の2D物理演算エンジンである。

Box2D
開発元 Erin Catto
初版 2007年9月11日 (2007-09-11)
最新版
2.3.1 / 2014年4月5日 (7年前) (2014-04-05)[1]
リポジトリ ウィキデータを編集
プログラミング
言語
C++
対応OS OS independent
種別 ミドルウェア
ライセンス zlib[2]
公式サイト www.box2d.org
テンプレートを表示

C++で作られたライブラリだが,現在ではActionScript[3], Java[4], C#[5], Python[6], JavaScript[7]にも移植されている。円形や多角形の物体の運動をシミュレーションすることができる。GUIを使用して動作を簡単に確認することができるテストベッドが付属している。

Box2Dを使用したゲーム編集

脚注編集

  1. ^ on GitHub
  2. ^ Box2D Main Page
  3. ^ Box2DFlashAS3 2.0.1”. 2016年3月25日閲覧。
  4. ^ JBox2D: A Java Physics Engine”. 2016年3月25日閲覧。
  5. ^ box2dx”. 2016年3月25日閲覧。
  6. ^ pybox2d”. 2016年3月25日閲覧。
  7. ^ Box2DJS”. Box2D. 2016年3月25日閲覧。
  8. ^ 星野健一. “2. お年寄りが大好きで - 「引越し奉行」制作秘話”. 0stage. 2021年5月17日閲覧。

外部リンク編集