指数 (すぃらむだたしすう)は、群集生態学における指数1959年森下正明により論文発表がされた。生物の群集の類似度を表す指数のひとつで、個体群における分布様式に関する指数である指数の研究を群集に応用したものである。


この指数は次のような式である。



ここでは、2つの群集AとBにおけるシンプソンの多様度指数であり、たとえば群集Aの標本において採集された対象生物の総個体数を番目の種の個体数をとした際に、下記式である。




関連項目編集