メインメニューを開く

Cerevo(セレボ)[1]は、日本のネット家電ベンチャー企業[2]。製品の試作品を作るのに3DプリンターCNC工作機械を用いて低コストで製品開発を行っているのが特徴[2]

株式会社Cerevo
Cerevo Inc.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
東京都文京区湯島3-14-9 湯島ビル4F
設立 2008年5月
業種 電気機器
事業内容 家電製品の企画・開発・販売
代表者 青木和律
関係する人物 岩佐琢磨
外部リンク https://cerevo.com/ja/
テンプレートを表示

目次

概要編集

岩佐琢磨パナソニックの家電エンジニアであったが、「昨年より高性能」を掲げた商品開発が中心で、新領域に挑戦できない企業体質に閉塞感を抱いていた[1]。大手企業はリスクを考えてしまうため、「ゼロから1」を生み出すようなモノ造りをやるならベンチャーだという考えに至り、これが起業のきっかけとなった[1]

「ナンバーワンかつオンリーワンの製品」を目指しており、岩佐発案の製品は2018年時点で全製品の約6割を占めている[1]。製品の多くはニッチな需要を狙ったものであり、ニッチ過ぎるが故に他の大手企業からの追随も少ないことから、製品の平均ライフサイクルが3年と家電業界としては異例の長さにもなっている[1]。また、こういったニッチな需要のため、日本以外の国からの販売代理店から取引を持ちかけられることも少なくない[1]。こういった場合、国によってはその国の現地企業に期間限定で独占販売権を付与することもある[1]。広告費や営業コストは抑止しながらも、2018年時点では世界50か国に商品展開されている[1]

IoT技術を中心とした家電製品の企画・開発・販売を主力としており、2017年3月現在では販売先の国と地域は60ヶ国を超えている[3]

2018年2月にハードウェアのアジャイル生産を手がける子会社として株式会社Shiftall(シフトール)を設立した[4]。同年4月には、子会社のShiftallの全株式をパナソニックに売却するにあたって、Cerevoの創業者兼初代CEOだった岩佐琢磨はCerevo CEOを退任し、Shiftallの代表取締役CEOとしてパナソニックに戻り、青木和律が代表取締役CEOに就任した[4][5]

特筆すべき製品編集

1/1 DOMINATOR
テレビアニメ『PSYCHO-PASS』に登場する、自動変形を行う特殊銃「ドミネーター」を再現した製品。設定資料を参考に製作。電動により「パラライザー」と「エリミネーター」間の自動変形機構を再現した[注 1]スマートフォン専用アプリとの連携により、顔認識による犯罪係数測定機能なども再現されているスマート・トイ。重量は約750gで部品点数は約1400。2015年7月18日にプロトタイプを公開した際には、韓国語やロシア語による問い合わせもあった[6][7]
1/8 タチコマ
テレビアニメ『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』シリーズに登場する多脚戦車#タチコマを再現した、対象年齢15歳以上の製品[8]。製品化に際しては背中のポッドが重くなりがちで、バランス取りが難しかった模様。並列化も実装されており、ネットを介して他のユーザーのタチコマと知識を共有する[9][10]
その他
その他にも3Dプリンタを利用した自転車や、話しかけると変形や点灯を行うデスクライト、プロジェクター搭載の変形するホームロボット、ワイルドミニ四駆をスマホから遠隔操縦可能にする改造キットなど、独創的な製品を幾つも開発している[11]

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 「デコンポーザー」には変形しない

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h 週刊東洋経済編集部 (2018年5月). “Cerevo(セレボ)”. ベンチャー沸騰!: 週刊東洋経済eビジネス新書 (東洋経済新報社) No.218. 
  2. ^ a b 総務省『「スマートICT」の戦略的活用でいかに日本に元気と成長をもたらすか』日経印刷、2013年、62頁。ISBN 978-4905427506
  3. ^ 会社概要”. Cerevo (2017年12月4日). 2017年12月13日閲覧。
  4. ^ a b Cerevo、2月設立の子会社「Shiftall」をパナソニックに売却 元代表の岩佐氏がShiftall社の社長に”. ロボスタ (2018年4月2日). 2019年1月23日閲覧。
  5. ^ MASKIN (2018年4月2日). “家電スタートアップCerevo創業者 岩佐琢磨 氏、子会社代表としてパナソニック傘下へ”. TechWave. 2019年1月23日閲覧。
  6. ^ アニメの機器を現実に、ベンチャーが自動変形の銃端末”. 日経テクノロジー (2015年7月19日). 2017年12月12日閲覧。
  7. ^ アニメPSYCHO-PASSの特殊拳銃ドミネーター開発秘話。Cerevo岩佐社長『技術の無駄遣いは最高の賛辞』”. Engadget 日本版 (2016年2月8日). 2017年12月12日閲覧。
  8. ^ うごく、しゃべる、並列化する。 1/8タチコマ”. Cerevo. 2017年12月13日閲覧。
  9. ^ 「エンジニアに無理と怒られた」――熱烈“攻殻”ファンが思い込めた「1/8タチコマ」開発の舞台裏 (1/6)”. ITmedia NEWS (2017年5月9日). 2017年12月13日閲覧。
  10. ^ 並列化を実現した「1/8 タチコマ」に“変な学習”をさせると……?”. ITmedia LifeStyle (2017年3月23日). 2017年12月13日閲覧。
  11. ^ 製品一覧”. Cerevo (2017年12月4日). 2017年12月13日閲覧。

外部リンク編集