メインメニューを開く

Cygwin/X (XWin) は、X.Org Server に基づく、Microsoft Windows 上で動作する X Window System の実装の1つである。Cygwin プロジェクトの一部であり、Cygwin の標準セットアップシステムを使ってインストールできる。Cygwin は GNU General Public License であるが、Cygwin/X は X.Org Server 同様 X11 License になっている。

Cygwin/X (XWin)
Cygwin X11 rootless WinXP.png
Windows XP上で動作するCygwin/Xのスクリーンショット(rootlessモード)
開発元 X.Org Foundation, Cygnus Solutions, Red Hat など
最新版 1.19.0[1] / 2016年11月15日(2年前) (2016-11-15
リポジトリ cygwin-ports.git.sourceforge.net/gitroot/cygwin-ports/xorg-server
対応OS Microsoft Windows
ライセンス X11 License
公式サイト x.cygwin.com
テンプレートを表示

当初、XFree86 を使っていたが、そのソフトウェアライセンスが GPL 互換でなくなったため、現在では X.Org Server を使っている。ソースコードは、X.Org Server の hw/xwin[2] に入っている。

派生する MinGW 版として、Xming がある。

目次

利用方法編集

setup-x86.exe や setup-x86_64.exe で xorg-server と xinit をインストールし[3]、マルチウィンドウモードなら startxwin で、シングルウィンドウモードなら startx で起動する[4]。Windows のタスクトレイに常駐し、ここから終了できる。

リモートマシンでアプリケーションを動作させ、Cygwin/X で表示させるには、Cygwin/X のターミナルから ssh -Y username@remote_hostname_or_ip_address して、そこで実行させると表示される[5]

モード編集

Cygwin/X は、以下の3つのモードをサポートしている[6]

  • シングルウィンドウ - X11 ルートウィンドウが Microsoft Windows の1つの境界付きのウィンドウとして表示される
  • マルチウィンドウ - X11 の各トップレベルウィンドウがそれぞれ Microsoft Windows の境界付きのウィンドウになる
  • ルートレス - Microsoft Windows の境界付きのウィンドウが使われずにオーバーレイする形で X11 のルートウィンドウが表示される。X11 側のウィンドウマネージャを利用可能。

関連項目編集

参照編集

外部リンク編集