この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

DIN 31635は、ドイツ規格協会DIN)が制定しているアラビア語アルファベット翻字の規格である。ドイツ東洋学会(DMG)の転写方式に基づいている。 1935年ローマの東洋学者国際会議で採択された[1]

アラビア文字 ء‎ / ه ى‎ / ي[2]
DIN 31635 ʾ / ā b t ǧ d r z s š ʿ ġ f q k l m n h w / ū y / ī
ALA-LC ʼ / ā th j kh dh sh ʻ gh
IPA ʔ, aː b t θ
ɡ
ʒ
ħ x d ð r z s ʃ ðˁ
ʕ ɣ f q k l m n h w, uː j, iː

シャクルのファトハはa、カスラはi、ダンマはuと字訳し、シャッダは子音を2回書く。また、アラビア語で用いられていたインド数字は、アラビア数字として字訳する。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ Carl Brockelmann, ed. (1935), Die Transliteration der arabischen Schrift in ihrer Anwendung auf die Hauptliteratursprachen der islamischen Welt. Denkschrift dem 19. Internationalen Orientalistenkongreß in Rom: vorgelegt von der Transkriptionskommission der Deutschen Morgenländischen Gesellschaft (PDF) (ドイツ語), Leipzig: Brockhaus
  2. ^ エジプト、スーダンほかでは語末形に点のない ى を使用する

外部リンク編集