メインメニューを開く

DP-211(ディーピーニーイチイチ)は、パイオニアが開発した、デジタルホン(東京・関西・東海)による第二世代携帯電話端末製品。デジタルツーカー地域での製品名はタイプCA[1](タイプシーエー)である。

デジタルホン DP-211
キャリア デジタルホン
製造 パイオニア
発売日 1996年
概要
音声通信方式 PDC
(1.5GHz)
形状 タッチパネル搭載ストレート型
サイズ 138 × 45 × 29 mm
質量 180 g
連続通話時間 90分
連続待受時間 190時間
充電時間 120分
外部メモリ なし
FeliCa なし
赤外線通信機能 なし
Bluetooth なし
メインディスプレイ
方式
解像度
サイズ 不明
表示色数 モノクロ
サブディスプレイ
方式
解像度
サイズ
表示色数
メインカメラ
なし
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
シルバー系
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

概要編集

同社としては初となる携帯電話端末で、当時では珍しい全面タッチパネル液晶を搭載していた(画像)。ちなみに、日本国内における携帯電話では初となるタッチパネル搭載機種である[2]

タッチパネルで可能な操作は電話の発信・電話帳の入力・機能設定などである。また、別売のハンズフリー車載充電器を自家用車のカーステレオ部に搭載すればハンズフリーで通話ができるという代物でもあった。この充電器は、同社のカーオーディオ製品のような形をしていた。

歴史編集

  • 1996年 - デジタルホンより発売。

脚注編集

  1. ^ 製品名のCAは同社の自動車用AV機器ブランド「カロッツェリア(carrozzeria)」の頭2文字から取られており、後に携帯電話事業に参入したカシオ計算機(略称が同じCA)とは無関係である。
  2. ^ 日本国外では1994年にIBMが「IBM Simon」という全面タッチパネル液晶を搭載した機種をアメリカで発売している。

関連項目編集