メインメニューを開く

DVD-AudioDVDオーディオ)は、1999年DVDフォーラムにより規格化された、次世代オーディオディスク規格である。民生用ハイレゾリューションオーディオ媒体の最初期の規格でもある。

DVD-Audio
メディアの種類 光ディスク
記録容量 4.7GB
コーデック リニアPCMMLPロスレス
策定 DVDフォーラム
主な用途 音声
ディスクの直径 12cm
大きさ 120×120×1.2mm
下位規格 コンパクトディスク
テンプレートを表示

目次

オーディオフォーマット編集

チャンネル数は最大6(5.1チャンネルサラウンド)、標本化周波数ステレオで最大192kHz、マルチチャンネルで最大96kHz。量子化ビット数は最大24ビット(ダイナミックレンジ144dB)。

普及状態の推移編集

Hi-Fiオーディオ向けの媒体として、また従来のCD-DAでは不可能であった5.1chサラウンドといったマルチチャンネルオーディオの媒体として期待された[1]が、結果的にはほとんど普及しなかった。次世代のオーディオ媒体としては、同時期に登場した、CD-DAと互換性を持つハイブリッドディスクを制作可能なSuper Audio CD(SACD)に市場を譲る形となり、普及推進のため2002年に発足したDVDオーディオプロモーション協議会も2007年には解散した[2][3][4]

著作権保護編集

CPPMが採用されている。

脚注編集

参考文献編集

関連項目編集