DVD-AudioDVDオーディオ)は、1999年DVDフォーラムにより規格化された、次世代オーディオディスク規格である。民生用ハイレゾリューションオーディオ媒体の最初期の規格でもある。

DVD-Audio
メディアの種類 光ディスク
記録容量 4.7GB
コーデック リニアPCMMLPロスレス
策定 DVDフォーラム
主な用途 音声
ディスクの直径 12cm
大きさ 120×120×1.2mm
下位規格 コンパクトディスク
テンプレートを表示

目次

オーディオフォーマット編集

チャンネル数は最大6(5.1チャンネルサラウンド)、標本化周波数はステレオで最大192kHz、マルチチャンネルで最大96kHz。量子化ビット数は最大24ビット(ダイナミックレンジ144dB)。

普及状態の推移編集

Hi-Fiオーディオ向けの媒体として、また従来のCD-DAでは不可能であった5.1chサラウンドといったマルチチャンネルオーディオの媒体として期待された[1]が、結果的にはほとんど普及しなかった。次世代のオーディオ媒体としては、同時期に登場した、CD-DAと互換性を持つハイブリッドディスクを制作可能なSuper Audio CD(SACD)に市場を譲る形となり、普及推進のため2002年に発足したDVDオーディオプロモーション協議会も2007年には解散した[2][3][4]

高音質を要求しない一般層においては、CDの音質ですら十分以上であり、安価で再生の手間が掛からないデジタルオーディオプレイヤーと、記憶装置の空き容量を稼ぐために圧縮音源が普及した。従って、再生装置が大掛かりで高額になりやすいDVD-Audioは、ごく一部の趣味層以外には普及しなかった。また、ハイレゾディスクのみを考慮しても、音質面で優位に立つDSDを採用し、PCでリッピングすることが不可能なSACDに関係各社が注力するようになり[要出典]、DVD-Audioで新規に発売されるプレーヤーやタイトルの数は、実用化直後と比較して激減してしまっている。

2010年代に入ると、インターネット上で音楽作品を購入して、パーソナルコンピュータ・デジタルオーディオプレーヤースマートフォンで再生する方法が主となり、物理媒体である光ディスクを購入して再生する方法自体が陳腐化した。従って、現在ではDVD-Audioが果たすべき役割は、ハイレゾ音楽配信サービスに取って代わられたと言える。

著作権保護編集

CPPMが採用されている。

脚注編集

参考文献編集

関連項目編集