危険物質指令(きけんぶっしつしれい)とは欧州経済共同体理事会で制定された危険物の取扱いに関する指令である。

指令 67/548/EEC
欧州連合指令
EEA適用対象
名称 Directive on the approximation of laws, regulations and administrative provisions relating to the classification, packaging and labelling of dangerous substances
制定者 欧州連合理事会
法源 Art. 100 (EEC)
EU官報 L196, 16 August 1967, pp. 1–98
EEA協定 Chap. XV of Annex II
歴史
制定日 27 June 1967
発効日 29 June 1967
各国導入期限 1 January 1970
立法審議文書
欧州議会
意見書
OJ 209, 11 December 1965, pp. 3133–40
関連法令
改正先 External list
改廃先 Reg. (EC) No 1272/2008
(from 1 June 2015)

正式名称は、英語では、Council Directive 67/548/EEC of 27 June 1967 on the approximation of laws, regulations and administrative provisions relating to the classification, packaging and labelling of dangerous substances 。日本語では「危険な物質の分類、包装及び表示に関する法律、規則及び行政規定の摺り合わせに係る1967 年6 月27 日付け理事会指令67/548/EEC」と表記されている。

欧州連合加盟国との輸出を行う場合にはこの通達を遵守する義務が生じる。付属書によって具体的な表示方法が定められている。

付属書一覧編集

 
Directive 67/548/EECが定義する、EUでの一般的な毒のシンボル。
  • annex I :危険物質リスト
  • annex II :シンボルと危険指示
  • annex III :危険警告句(リスクフレーズ
  • annex IV :危険警告句(セーフティフレーズ
  • annex V :試験方法
  • annex VI :危険の一般的分類と要求される表示
  • annex VII :ベースセットデータ
  • annex VIII :追加データ
  • annex IX :子供に開けられない締具と触知できる警告

外部リンク編集