Diredディレクトリエディタの意)は、ファイルシステムディレクトリを編集するコンピュータ・プログラム。典型的には、Emacsテキストエディタで特別なモードとして実行されるが、単独版も書かれている。最初のバージョンのDiredは、単独のプログラムとして1974年に、SAILのStan Kugellによって書かれた[1]。これはGNU Emacsの最も初期のバージョンに組み込まれ[2]CC++で他のOSに再実装された[3]

Dired
Emacsに実装されたDired
Emacsに実装されたDired
開発元 Stan Kugell (オリジナル), リチャード・ストールマン (Emacs), Mike Lijewski, Stuart Cracraft (UNIX単独版)
初版 Circa 1974年(47年前) (1974
最新版
7.17 / 2009年7月30日(11年前) (2009-07-30[要出典]
対応OS Unix系, Microsoft Windows, macOS, Emacs
種別 ファイルマネージャ
ライセンス GNU GPL (フリーソフトウェア)
公式サイト Mike Sperber's dired page
テンプレートを表示

Emacsの中で動作するとき、Diredは、lsのようなファイルのリストをEmacsのバッファに表示する。リストは標準的なナビゲーションコマンドを使って操作することができる。また、いくつかのEmacs LispスクリプトがEmacsにおけるDiredを拡張するために書かれた。Tramp[4]と組み合わせると、SSHFTPtelnetや多くの他のプロトコルを用いてリモートのファイルシステムにアクセスし、ファイルを編集できるとともに、同じセッションにおいて、他のユーザーとしてローカルファイルにアクセスすることもできる。また、複数のファイルをEmacsの検索と置換の機能経由でリネームできるようにする機能がある[5]ほか、複数のファイルを正規表現を用いてマークすることができる。一度マークされると、ファイルは削除、リネーム、外部のシェルコマンドやelispの機能を実行するなど、多くの操作を行うことができる。Lispパッケージのdired-x[6]を用いると、既存のlsに似た、ディレクトリのリスト表示を仮想的なDiredモードで行うこともできる。

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ Kugell, Stanley G. (1974年). “SAILDART/1978-08”. Stanford Artificial Intelligence Laboratory DART (Dump and Restore Technique) Archive. 2014年2月19日閲覧。
  2. ^ Emacs NEWS.1-17 file
  3. ^ DED
  4. ^ Tramp User Manual”. Free Software Foundation. 2009年4月4日閲覧。
  5. ^ [1]
  6. ^ Kremer, Sebastian (2017年). “Dired Extra User's Manual”. Free Software Foundation. 2018年4月11日閲覧。

外部リンク編集