e-ZUKAスマートフォンアプリコンテスト

e-ZUKAスマートフォンアプリコンテストは、福岡県飯塚市が2012年から主催している[1]スマートフォンやタブレット向けアプリケーションのコンテストである。

全国から応募可能で、学生や社会人なども不問。毎年、企業や主催者からいくつかのテーマが出題され、いずれかのテーマを選択して開発する。

2012年受賞作品編集

  • グランプリ[2]
    • 「ここピン!」 - ここピン!開発チーム

各テーマ賞編集

  • アスキー・メディアワークス賞
    • 「SharePub」 - 齋藤 暢郎
  • サミーネットワークス賞
    • 「Battle of beetle Breeders」 - Project BoBB
  • シャープ賞
    • 「Recipe Match」 - 武田 勝輝
  • パソナテック賞
    • 「まったく新しい仕組みの英単語帳 Diclog」 - 荒川 豊
  • バンダイナムコゲームス賞
    • 「のぞくな危険!?」 - ICT48 Team-H
  • 飯塚市長賞
    • 「ここピン!」 - ここピン!開発チーム

2013年受賞作品編集

  • グランプリ[3]
    • 「アマチュア写真家向け撮影支援アプリ、Phorec」 - ナッタプーム アモーンパチャラ-

各テーマ賞編集

  • NHNPlayArt賞
    • 「おもひでならべ」 - チーム名「開始」
  • 九州インターメディア研究所賞
    • 「スマパト!!」- チーム名「プログラミング同好会 teamT」
  • シャープ賞
    • 「おそとdeすまーと家族」 - チーム名「RAS+1」
  • トヨタ自動車九州賞
    • 「ころころドライブ」 - 深川公介
  • パソナテック賞
    • 「Presly」 - チーム名「P&D Presly Team」
  • マイナビ賞
    • 「工大祭アプリ」 - チーム名「P&D ピッチピチの編入's」
  • 飯塚市長賞
    • 「ほうこく! ~ 飯塚市協働レポート作成アプリ ~」 - 小柳考啓

企業賞編集

  • ビットアイル賞
    • 「Presly」 - チーム名「P&D Presly Team」
  • セガネットワークス賞
    • 「おそとdeすまーと家族」 - チーム名「RAS+1」
  • BBA賞
    • 「おそとdeすまーと家族」 - チーム名「RAS+1」

2014年受賞作品編集

  • グランプリ(最優秀賞)[4]
    • 「ご当地BIJINナビ」 - TKS

各テーマ賞編集

  • 九州インターメディア研究所/デジタルハリウッド福岡校賞
    • 「えにっき超」 - チーム クリエイト&イノベイト
  • シャープ賞
    • 「cocodoa」 - カデムーン
  • トヨタ自動車九州賞
    • 「KOMACHIZU」 - 小町達~こまちーず~
  • ドルフィン・ブラウザ賞
    • 「eventry」 - チームeventry
  • 西日本鉄道賞
    • 「かい+らくバス」 - にししす4
  • ハウインターナショナル賞
    • 「STLINK」 - Chack&sell
  • BIJIN&Co.(ビジンアンドカンパニー)賞
    • 「ご当地BIJINナビ」 - TKS
  • LINE Fukuoka賞
    • 「Recurshare(リカーシェア) インターネットレスでアプリ拡散」 - 松本 誠義、荒川 豊
  • 飯塚市長賞
    • 「学フェス」 - P&D 学フェスチーム

企業賞編集

  • セガネットワークス賞
    • 「これ試験にでるぞー」 - おこい
  • パソナテック賞
    • 「新しい友だち登録」 - T-KIZ
  • ビットアイル賞
    • 「学フェス」 - P&D 学フェスチーム
  • BBA賞(ニコニコ生放送による視聴者投票)
    • 「bijin-wearable」 - ラストシューティング
  • オーディエンス賞(投票アプリによる来場者等の投票)
    • 「みんドラ」 - 全力背筋
  • 福岡県Ruby・コンテンツビジネス振興会議主催の「福岡ビジネス・デジタル・コンテンツ賞」
    • 「eventry」 - チームeventry

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集