ENQUIREティム・バーナーズ=リーが1980年にCERNにて行ったソフトウェアプロジェクトであり[1]、1989年のWorld Wide Web開発の下地となった[1][2][3]。単純なハイパーテキストプログラムであり[3]、Webおよびセマンティック・ウェブと同じ考え方を共有しているが、重要な部分で相違もある。

バーナーズ=リーによれば、その名称はEnquire Within Upon Everythingという本(家庭生活についてのハウツー本)の題名から発想したものだという[1][2][4]

背景編集

当時CERNには約1万人の人々が働いており、様々な機種のコンピュータとその上のソフトウェアが使われていた。業務上は電子メールとファイルのやりとりが頻繁に行われていた[3]。科学者らは複数の仕事に携わり[2]、個々のプロジェクトは相互に関連していた[1]。バーナーズ=リーは1980年6月23日から6ヶ月間CERNで働き、ENQUIREを開発した[5]。CERN内では様々なネットワーク、データフォーマット、文字コードが使用されており、異なるシステム間の情報転送が難しかったため、ENQUIREはそれに対処することを要求された[6]。ENQUIRE以前のハイパーテキストシステム、MemexNLSはそういった要件を備えていなかった[6]

HyperCard との違い編集

ENQUIREはアップルHyperCardと似ており、どちらもテキストがクリック可能ではなく、厳密には「ハイパーテキスト」ではない。また、ENQUIREは画像を扱えなかった[7]。ENQUIREがHyperCardに比べて優れているのは様々なシステムで動作する移植性の高さだった[7]

World Wide Web との違い編集

Documentation of the RPC project (concept)

Most of the documentation is available on VMS, with the two
principle manuals being stored in the CERNDOC system.

1) includes: The VAX/NOTES conference VXCERN::RPC
2) includes: Test and Example suite
3) includes: RPC BUG LISTS
4) includes: RPC System: Implementation Guide
Information for maintenance, porting, etc.
5) includes: Suggested Development Strategy for RPC Applications
6) includes: "Notes on RPC", Draft 1, 20 feb 86
7) includes: "Notes on Proposed RPC Development" 18 Feb 86
8) includes: RPC User Manual
How to build and run a distributed system.
9) includes: Draft Specifications and Implementation Notes
10) includes: The RPC HELP facility
11) describes: THE REMOTE PROCEDURE CALL PROJECT in DD/OC

Help Display Select Back Quit Mark Goto_mark Link Add Edit
ENQUIREの画面表示例[7]
一種のリンク集になっていて "includes" や "describes" がリンクの種類を表している。
最下行はメニュバーである。

ENQUIREは広く公開することは考えられていなかった。

ENQUIREは「カード」と呼ばれるページ群からなり、各カード内にハイパーリンクがある。リンクには様々な意味と関係があり、作成者、事物、文書、グループなどがカードで表示される。リンクにおける関係は、そのリンクの必要性を知らしめるために明示されており、リンク先のカードが削除された際にそれが何だったのかを知らせる意味もある[3]。誰でも新たなカードを追加できるが、既存のカードからリンクする形でなければならない[5]

関係 逆からみた関係
made was made by
includes is part of
uses is used by
describes described by

ENQUIREはウェブブラウザよりも以下のような点でウィキに近い。

  • クローズドシステムのデータベース(全てのデータは総体として機能する)[1]
  • 双方向リンク(ウィキペディアおよびMediaWikiでは「リンク元」機能に対応)。双方向リンクはリンク対象の作者が気づかないうちに行うことができる。そのようにしてアイデアが生きてくるようになる[3][8]
  • サーバから直接編集可能(ウィキやCMS/ブログと類似)[1]
  • 合成が容易。特にハイパーリンクを利用したとき[1]

World Wide WebはCERNの既存システム群、ENQUIRE、CERNDOC、VMS/NotesUSENETなどを統合すべく生み出された[7]

問題点編集

バーナーズ=リーは1984年にCERNに復帰し、自身のシステムをよく使った[7][3]。彼はこの「プロジェクト」にかかる時間のほとんどが情報を最新なものに更新するのに費やされることに気付いた[3]。ENQUIREのようなシステムは必要だが「誰でもアクセス可能」にする必要があると理解した[3]。双方向リンクであるため、カードを作成するときにリンク先のカードも編集する必要があり、その点が問題だった。その点を大きく変更したのが World Wide Web である[3]。バーナーズ=リーのENQUIREは誰でも簡単に使えるシステムとはならず、似たような状況はCERNの他の部門でも発生していた[7]。また、既存のデータベースなどとのリンクができず、システム性能が十分でないため同時接続数が限られるという問題もあった[7][1]

その後の開発は行われなかった。バーナーズ=リーはENQUIREのディスクをロバート・カイリューに任せたが、カイリューは間もなく一時CERNを去った。カイリューの上司だったBrian Carpenterは、ENQUIREについて詳しい人物が一人もいなくなったため、そのディスクが別の用途に流用されたのではないかとしている[9]

技術的詳細編集

24行80桁のテキスト端末を入出力に使って動作する[3]。最初のバージョンではファイル間のハイパーリンクが可能だった[1]Pascalで書かれており、Norsk Data(ノルウェーのコンピュータ企業)製コンピュータNORD-10上で動作した(OSはSINTRAN III[1][5][3][8][9]。バージョン2は、MS-DOSVAX/VMS移植されている[1][3]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k Berners-Lee, Tim. “Frequently asked questions — Start of the web: Influences”. World Wide Web Consortium. 2010年7月22日閲覧。
  2. ^ a b c A people's history of the internet: from Arpanet in 1969 to today (Flash)”. London: The Guardian. pp. See 1980 (2009年10月23日). 2010年1月7日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l Berners-Lee, Tim (ca. 1993/1994). “A Brief History of the Web”. World Wide Web Consortium. 2010年8月24日閲覧。
  4. ^ Finkelstein, Prof. Anthony (2003年8月15日). “ENQUIRE WITHIN UPON EVERYTHING”. ICT Portal. BBC. 2003年2月18日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年1月7日閲覧。
  5. ^ a b c History of the Web”. Oxford Brookes University (2002年). 2003年8月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年11月20日閲覧。
  6. ^ a b Berners-Lee, Tim (1996年8月). “The World Wide Web: Past, Present and Future”. World Wide Web Consortium. 2010年8月25日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g Berners-Lee, Tim (1990年5月). “Information Management: A Proposal”. World Wide Web Consortium. 2010年8月25日閲覧。
  8. ^ a b Cailliau, Robert (1995年). “A Little History of the World Wide Web”. World Wide Web Consortium. 2010年7月25日閲覧。
  9. ^ a b Palmer, Sean B. (February/March 2001). “Enquire Manual — In HyperText”. 2010年8月30日閲覧。

参考文献編集

  • Berners-Lee, Tim (2000). Weaving the web. The original design and ultimate destiny of the World Wide Web. New York: Harper Business 

関連項目編集

外部リンク編集