ESCON(えすこん)は、IBMメインフレームコンピュータと補助記憶装置をつなぐかつて主流だったチャネルI/Oのためのインターフェースである。

ESCONケーブル

ケーブル長43 kmで17 Mバイト/秒半二重通信が可能である。

ESCONは、1960年代から1970年代にかけてのメインフレームで主流だったバス・タグ英語版パラレルケーブルに技術に取って代わる技術である。 しかしESCONは、実質的により速いFICON (物理層は光ファイバーを使うFibre Channel) によって、順番に取って代わられている。

関連項目編集