Encrypted Media Extensions

Encrypted Media Extensions (EME)は、ウェブブラウザデジタル著作権管理 (DRM) ソフトウェアの間のコミュニケーションチャンネルを提供するW3C仕様である[1]。EMEはHTML5Media Source Extensionsに基づいた仕様で[2]、これによってHTML5でMPEG-CENCによって保護されたMPEG-DASHのようなアダプティブ・ビットレート・ストリーミングが可能になる[3]。EMEはYouTubeNetflixといったサービスで利用されている[4]

EMEはプロプライエタリであるためにオープンソースのブラウザでは実装が困難であり、大きな議論を巻き起こしたが[5]、W3CはEMEをウェブ標準とした[1]

歴史編集

2013年4月、Chromebookを利用して、Netflixが初めてEMEによってHTML5ビデオを提供した企業となった[6]。W3Cは2017年7月6日にEMEをウェブ標準とする意思を表明し[7]、9月18日にそれを実施した[1]。2017年現在、EMEはすべての主要なブラウザが実装している[8]

反響編集

EMEは、フリーかつオープンなソフトウェアにプロプライエタリで非公開のコンポーネントを投入する必要があるために、激しい議論の的となった[5]Mozillaは他のブラウザがEMEをサポートしていく流れには逆らえず、2014年5月14日にFirefoxがEMEを実装することを表明した。MozillaはDRMがユーザーに過度の負担を強いることと、EMEがプロプライエタリで仕様が非公開であることを批判していた。Firefoxはオープンソースであるために直接EMEを実装することができず、Adobeから提供されたモジュールをオープンソースのサンドボックスに格納するという形で実装した。Mozillaは、「当面の間はW3C EMEベースのDRMが定着するかもしれないが、いずれはウォーターマーキングのようなもっと優れたシステムが普及すると信じる」としている[9]

W3CがEMEをウェブ標準としたことに不満を持った電子フロンティア財団 (EFF) は、W3Cを脱退した。EFFは、W3CがEMEへの反対意見を無視したことを問題視していた。W3Cのティム・バーナーズ=リーは、コンテンツの制作者が制作にかかった費用を回収するためにEMEを利用することに理解を示した。また、W3CのCEOであるJeff Jaffeは、DRMが認められなければ、コンテンツ所有者がインターネットでコンテンツを公開しなくなる可能性について言及していた。一方でEFFのCory Doctorowは、DRMがうまくいくと考えている技術者はいないとW3Cを批判した[8]

脚注編集

  1. ^ a b c Encrypted Media Extensions W3C Recommendation”. W3C (2017年9月18日). 2017年9月18日閲覧。
  2. ^ HTML5 MSE
  3. ^ David Dorwin. “ISO Common Encryption EME Stream Format and Initialization Data”. W3C. 2015年2月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月23日閲覧。
  4. ^ Lederer, Stefan (2015年2月2日). “Why YouTube & Netflix use MPEG-DASH in HTML5”. Bitmovin. 2017年9月23日閲覧。
  5. ^ a b Lucian Constantin (2012年2月24日). “Proposed Encrypted Media Support in HTML5 Sparks DRM Debate on W3C Mailing List”. IT World. IDG News Service. 2015年10月12日閲覧。
  6. ^ Anthony Park and Mark Watson (2013年4月15日). “HTML5 Video at Netflix”. Netflix. 2017年10月6日閲覧。
  7. ^ W3C Announcement”. 2017年7月12日閲覧。
  8. ^ a b Duckett, Chris (2017年9月20日). “EFFがW3Cを脱退、EMEの標準化過程に不満”. ZDNet. 2017年9月23日閲覧。
  9. ^ 鈴木聖子 (2014年5月16日). “Mozilla、FirefoxにDRMのためのW3C仕様「EME」実装を表明”. ITmedia. 2017年9月23日閲覧。