fc (File Compare) は、コンピュータにおいて、DOSIBM OS/2Microsoft Windowsオペレーティングシステムコマンドラインプログラムであり、複数のファイルを比較し、相違点を出力する[1][2]UNIXコマンドのcommcmpdiffとと似ている。

fc
Microsoft Windows 95 Version 4.00.1111 fc command 492x259.png
Microsoft Windows 95fcコマンド
作者 M. A. Ulloa
開発元 マイクロソフト, IBM, Digital Research, ノベル
初版 1984年(37–38年前)
プログラミング
言語
MS-DOS: x86 assembly language
FreeDOS: C
対応OS MS-DOS, PC DOS, OS/2, eComStation, ArcaOS, Windows, DR DOS, FreeDOS
プラットフォーム クロスプラットフォーム
種別 コマンド
ライセンス MS-DOS: MIT
FreeDOS: GPL
公式サイト docs.microsoft.com/en-us/windows-server/administration/windows-commands/fc
テンプレートを表示

歴史編集

fcコマンドは、MS-DOS 2.11(1984/85 DEC Rainbowリリースなど) [3]以降のマイクロソフトのOSに含まれており、Microsoft Windowsのすべてのバージョンにも含まれる[4]fcはIBM OS/2バージョン2.0にも含まれる[5]

DR-DOS 6.0 にもfcコマンドが含まれる[6]

このコマンドはFreeDOSでも使用でき、GPLの下でライセンスされている[7]

機能編集

fcは、テキストファイルバイナリファイルを比較する[8]。 最新バージョンではASCII/Unicodeテキストの比較もできる。比較結果は、標準出力に出力される。 fcの出力は、人間が解釈しやすい形式で出力されるため、他のプログラムで出力を使用するのは難しい場合がある。

関連項目編集

脚注編集

参考文献編集

  • Cooper, Jim (2001). Special Edition Using MS-DOS 6.22, Third Edition. Que Publishing. ISBN 978-0789725738 
  • John Paul Mueller (2007). Windows Administration at the Command Line for Windows Vista, Windows 2003, Windows XP, and Windows 2000. John Wiley & Sons. ISBN 978-0470165799 

外部リンク編集