GHS予防報告(GHSよぼうほうこく、: GHS precautionary statements)は、化学品の分類と表示に関する世界調和システム(GHS)の一部を形成する、異なる言語に翻訳することができる化学物質や混合物の正しい取り扱いについての助言を与える標準化されたフレーズの集合を形成することを目的としている注意書きのことである[注釈 1][注釈 2]

互換性があり、広く知られているセーフティフレーズと同じ目的をもっている。

GHSの下での容器のラベル付けのための重要な要素の1つであり、次のものと一緒に使用される[1]

  • 製品の識別。
  • 1つ以上の危険絵文字 ( 必要な場合
  • 注意 喚起語 及び危険または警告必要な場合
  • 製品がもたらすリスクの性質と程度を示す危険性報告
  • サプライヤー(製造業者または輸入業者の可能性がある)のID

各予防報告は、文字Pから始まり、その後に3桁の数字が続くコードとして指定される。関連する危険に対応する報告はコード番号でグループ化されているため、番号は連続していない。このコードは、たとえば翻訳を支援するために参照目的で使用されるが、ラベルや安全データシートに表示されている実際の言い回しである[2]。いくつかの予防的な文言は、プラス記号"+"で示される組み合わせとして表現されている。いくつかのケースでは、「ほこり/煙/ガス/霧/蒸気/スプレーを吸い込むのを避ける」などの文言の選択肢がある。その場合、製造者または規制当局は、関係する製品に適した文言を選択する必要がある。3つの句点「...」がある時、これらは全ての適用条件がそろっているわけではないことを示す。例えば、P241「防爆型の電気機器/換気装置/照明機器/…機器を使用すること」の「...」は他の機器が特定される必要があるかもしれないことを示している。このような場合、製造者や供給者は選択するか、あるいは所管官庁は最も適当な文言を規定してもよい[3]。注意書き中のいくつかの文には四角括弧【…】があるが、これは括弧の中の文言は全ての場合に当てはまるわけではなく、ある条件のときのみ使用されるべきものである[3]

一般的な注意事項編集

コード 概要
P101 医学的な助言が必要な時には、製品容器やラベルを持っていくこと[3]
P102 子供の手の届かないところに置くこと[3]
P103 全ての指示をよく読み、従うこと[3]

予防における注意事項編集

コード 概要
P201 使用前に取扱説明書を入手すること[3]
P202 全ての安全注意を読み理解するまで取り扱わないこと[3]
P210 熱/火花/裸火/高温のもののような着火源から遠ざけること。禁煙。[3][IV ATPによって変更された[4]]
P211 裸火または他の着火源に噴霧しないこと[3]
P212 密閉状態での加熱または鈍性化剤の減少を避けること (改訂7版で追加)[3]
P220 衣類および可燃物から遠ざけること [IV ATPによって変更されたように][3]
P221 可燃物と混合を回避するために予防策をとること(改訂7版で削除)[3]
P222 空気に接触させないこと[3]
P223 水と接触させないこと [IV ATPによって変更されたように](改訂7版で変更)[3]
P230 ...にて湿らせておくこと[3]
P231 不活性ガス/…で取扱い、保管すること(改訂7版で変更)[3]
P232 湿気を遮断すること[3]
P233 容器を密閉しておくこと[3]
P234 他の容器に移し替えないこと[3]
P235 涼しいところに置くこと[3]
P240 容器を接地しアースをとること(改訂7版で変更)[3]
P241 防爆型の【電気機器/換気装置/照明機器

/….】を使用すること。(改訂7版で変更)[3]

P242 火花を発生させない工具を使用すること[3]
P243 静電気放電に対する予防措置を講ずること[3]
P244 バルブや付属品にはグリースおよび油を使用しないこと [IV ATPによって変更されたように][3]
P250 粉砕/衝撃/摩擦/…のような取り扱いをしないこと[3]
P251 使用後を含め、穴を開けたり燃やしたりしないこと [IV ATPによって変更されたように](改訂7版で更に変更)[3]
P260 粉じん/煙/ガス/ミスト/蒸気/スプレーを吸入しないこと[3]
P261 粉じん/煙/ガス/ミスト/蒸気/スプレーの吸入を避けること [IV ATPによって変更されたように][3]
P262 眼、皮膚、衣類につけないこと[3]
P263 妊娠中および授乳期中は接触を避けること(改訂7版で変更)[3]
P264 取扱後は...よく洗うこと[3]
P270 この製品を使用する時に、飲食または喫煙をしないこと[3]
P271 屋外または換気の良い場所でのみ使用すること[3]
P272 汚染された作業衣は作業場から出さないこと[3]
P273 環境への放出を避けること[3]
P280 保護手袋/保護衣/保護眼鏡/保護面/聴覚保護具/…を着用すること [IV ATPによって変更されたように](改訂7版で変更)[3]
P281 指定された個人用保護具を使用すること [IV ATPで削除][3]
P282 耐寒手袋および保護面または保護眼鏡を着用すること(改訂7版で変更)[3]
P283 防火服または防炎服を着用すること(改訂7版で変更)[3]
P284 [換気が不十分な場合は]呼吸用保護具を着用すること [IV ATPによって変更されたように][3]
P285 換気が十分でない場合には、呼吸用保護具を着用すること [IV ATPで削除]。
P231+P232 湿気を遮断し、不活性ガス/…下で取り扱い保管すること(改訂7版で変更)[3]
P235+P410 涼しいところに置き、日光を避けること(改訂7版で削除)[3]

対応に関する注意事項編集

コード 概要
P301 飲み込んだ場合:[3]
P302 皮膚に付着した場合:[3]
P303 皮膚(または髪)に付着した場合:[3]
P304 吸入した場合:[3]
P305 眼に入った場合:[3]
P306 衣類にかかったっ場合:[3]
P307 [IV ATPで削除](暴露した場合:)
P308 暴露または暴露の懸念がある場合:[3]
P309 [IV ATPで削除](暴露したとき、または気分が悪い時: )
P310 直ちに医師/…に連絡すること [IV ATPによって変更されたように][3]
P311 医師/…に連絡すること [IV ATPによって変更されたように][3]
P312 気分が悪い時は医師/…に連絡すること [IV ATPによって変更されたように][3]
P313 医師の診断/手当を受けること[3]
P314 気分が悪い時は、医師の診断/手当を受けること[3]
P315 直ちに医師に診断/手当を受けること[3]
P320 特別な治療が緊急に必要である(このラベルの...を見よ)[3]
P321 特別な処置が必要である(このラベルの...を見よ)[3]
P322 特別な処置が必要である(このラベルの...を見よ)[IV ATPで削除]。
P330 口をすすぐこと[3]
P331 無理に吐かせないこと[3]
P332 皮膚刺激が生じた場合:[3]
P333 皮膚刺激または発疹が生じた場合:[3]
P334 冷たい水に浸すこと【または湿った包帯で覆うこと】(改訂7版で変更)[3]
P335 固着していない粒子を皮膚から払いのけること[3]
P336 凍った部分をぬるま湯でとかすこと。受傷部はこすらないこと[3]
P337 眼の刺激が続く場合:[3]
P338 コンタクトレンズを着用していて容易に外せる場合は外すこと。その後も洗浄を続けること[3]
P340 空気の新鮮な場所に移し、呼吸しやすい姿勢で休息させること[3]
P341 呼吸が困難な場合には、空気の新鮮な場所に移し、呼吸しやすい姿勢で休息させること [IV ATPで削除][3]
P342 呼吸に関する症状が出た場合:[3]
P350 多量の水と石鹸で優しく洗うこと[IV ATPで削除]。
P351 水で数分間注意深く洗うこと[3]
P352 多量の水/…で洗うこと [IV ATPによって変更されたように](改訂7版で変更)[3]
P353 皮膚を水【またはシャワー】で洗うこと(改訂7版で変更)[3]
P360 服を脱ぐ前に、直ちに汚染された衣類及び皮膚を多量の水で洗うこと[3]
P361 汚染された衣類を直ちに脱ぐこと [IV ATPによって変更されたように][3]
P362 汚染された衣類を脱ぐこと [IV ATPによって変更されたように][3]
P363 汚染された衣類を再使用す場合には洗濯をすること [IV ATPによって変更されたように][3]
P364 再使用する場合には洗濯をすること [IV ATPによって追加][3]
P370 火災の場合:[3]
P371 大火災の場合で大量にある場合:[3]
P372 爆発する危険性あり(改訂7版で変更)[3]
P373 炎が爆発物に届いたら消火活動をしないこと[3]
P374 安全に距離をとって通常の予防措置を用いて消火活動を行うこと(改訂7版で削除)[3]
P375 爆発の危険性があるため、離れた距離から消火すること[3]
P376 安全に対処できるならば漏洩を止めること[3]
P377 漏洩ガス火災の場合:漏えいが安全に停止されない限り消火しないこと[3]
P378 消火するために…を使用すること[3]
P380 区域より退避させること[3]
P381 漏えいした場合、着火源を除去すること[3]
P390 物的被害を防止するためにも流出したものを吸収すること(改訂7版で追加)[3]
P391 漏出物を回収すること[3]
P301+310 飲み込んだ場合:直ちに医師/…に連絡すること [IV ATPによって変更されたように](改訂7版で変更)[3]
P301+312 飲み込んだ場合:気分が悪い時は医師/…に連絡すること [IV ATPによって変更されたように](改訂7版で変更)[3]
P301+310+331 飲み込んだ場合:口をすすぐこと。無理に吐かせないこと[3]
P302+334 皮膚に付着した場合:冷たい水に浸すこと【または湿った包帯で覆うこと】(改訂7版で変更)[3]
P302+350 [IV ATPで削除]
P302+352 皮膚に付着した場合:多量の水/…で洗うこと [IV ATPによって変更されたように](改訂7版で更に変更)[3]
P302+335+334 皮膚についた場合:固着していない粒子を皮膚から払いのけ、冷たい水に浸すこと【または湿った包帯で覆うこと】(改訂7版で追加)[3]
P301+361+353 皮膚(または髪)に付着した場合:直ちに汚染された衣類をすべて脱ぐこと。皮膚を水【またはシャワー】で洗うこと [IV ATPによって変更されたように](改訂7版で更に変更)[3]
P304+312 吸入した場合:気分が悪い時は、医師/…に連絡すること[3] [IV ATPによって変更されたように]。
P304+340 吸入した場合:空気の新鮮な場所に移し、呼吸しやすい姿勢で休息させること[3]
P304+341 [IV ATPで削除]
P305+351+338 眼に入った場合:水で数分間注意深く洗うこと。次にコンタクトレンズを着用していて容易に外せる場合は外すこと。その後も洗浄を続けること[3]
P306+360 衣類にかかった場合:服を脱ぐ前に、直ちに汚染された衣類及び皮膚を多量の水で洗うこと[3]
P307+311 [IV ATPで削除]
P308+311 ばく露またはばく露の懸念がある場合:医師/…に連絡すること [IV ATPによって変更されたように][3]
P308+313 ばく露またはばく露の懸念がある場合:医師の診察/手当を受けること[3]
P309+311 [IV ATPで削除]
P332+313 皮膚刺激が生じた場合:医師の診察/手当を受けること[3]
P333+313 皮膚刺激または発疹が生じた場合:医師の診察/手当を受けること[3]
P335+334 皮膚の遊離した粒子を払いのけ、冷水に浸す/濡れた包帯に包むこと(改訂7版で削除)[3]
P336+315 凍った部分をぬるま湯でとかすこと。受傷部はこすらないこと。直ちに医師の診察/手当を受けること(改訂7版で追加)[3]
P337+313 眼の刺激が続く場合:医師の診察/手当を受けること[3]
P342+311 呼吸に関する症状が出た場合:医師/…に連絡すること [IV ATPによって変更されたように][3]
P361+364 汚染された衣類を直ちにすべて脱ぎ、再使用する場合には洗濯をすること [IV ATPによって追加][3]
P362+364 汚染された衣類を脱ぎ、再使用する場合には洗濯をすること [IV ATPによって追加][3]
P370+376 火災の場合:安全に対処できるならば漏洩を止めること[3]
P370+378 火災の場合:...を使用して、消火すること[3]
P370+380 火災の場合:消火するために…を使用すること[3]
P370+380+375 火災の場合:区域より退避させ、爆発の危険性があるため、離れた距離から消火すること[3]
P370+372+380+373 火災の場合:爆発する危険性あり。区域より退避させること。炎が爆発物に届いたら消火活動をしないこと(改訂7版で追加)[3]
P370+380+375【+378】 火災の場合:区域より退避させ、爆発の危険性があるため、離れた距離から消火すること【消火するために…を使用すること。】(改訂7版で追加)[3]
P371+380+375 大火災の場合で大量にある場合:区域より退避させ、爆発の危険性があるため、離れた距離から消火すること[3]

保管上の注意事項編集

コード 概要
P401 …にしたがって保管すること(改訂7版で変更)[3]
P402 乾燥した場所に保管すること[3]
P403 換気の良い場所で保管すること[3]
P404 密閉容器に保管すること[3]
P405 施錠して保管すること[3]
P406 耐腐食性/耐腐食性内張りのある...容器に保管すること[3]
P407 積荷またはパレット間に隙間をあけること(改訂7版で変更)[3]
P410 日光から遮断すること[3]
P411 ...℃以下の温度で保管すること[3]
P412 50℃以上の温度に暴露しないこと[3]
P413 ...kg以上の大量品は、...℃以下の温度で保管すること[3]
P420 隔離して保管すること(改訂7版で変更)[3]
P422 内容物を...中で保管すること(改訂7版で削除)[3]
P402+404 乾燥した場所または密閉容器に保管すること[3]
P403+233 換気の良い場所で保管すること。容器を密閉しておくこと[3]
P403+235 換気の良い場所で保管すること。涼しいところに置くこと[3]
P410+403 日光から遮断し、換気の良い場所で保管すること[3]
P410+412 日光から遮断し、50℃以上の温度に暴露しないこと[3]
P411+235 ...℃以下の温度で保管すること。涼しいところに置くこと(改訂7版で削除)[3]

廃棄上の注意編集

コード 概要
P501 内容物/容器を…に廃棄すること[3]
P502 回収またはリサイクルに関する情報について製造者または供給者に問い合わせること[3]
P503 廃棄/回収/リサイクルに関する情報について製造者/供給者/…に問い合わせること[3]

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 国際連合は、すべての国連公用語(アラビア語中国語英語フランス語ロシア語スペイン語)でGHS予防報告のリストを発表した。それは、対応する言語におけるGHS Rev.2の附属書3に書かれている。
  2. ^ すべての欧州連合公用語への翻訳のリストは、公式英語版の210-324ページのCLP規則への附属書IVに書かれている。

出典編集

参考文献編集