GNU Go(グニュー・ゴ)は、フリーソフトウェア財団によって作成される、コンピュータが人間と囲碁の対局を行うためのフリーソフトウェア。GNU Goのソースコードは可搬性が高く、Linuxおよび他のUNIX形式のシステム、WindowsmacOSなどで簡単にコンパイルできる。その他のプラットフォームへの移植版も存在する。

GNU Go
Logo by Ebba Berggren
開発元 The GNU Go Team
最新版
3.8 / 2009年2月19日 (12年前) (2009-02-19)
リポジトリ ウィキデータを編集
対応OS POSIX
種別 コンピュータ囲碁
ライセンス GPL
公式サイト GNU Go
テンプレートを表示

GNU Goの棋力はlevel 10においておよそ5級とされる[1]。碁盤サイズは5×5から19×19までをサポートしている。

GNU Go自身はASCIIベースではあるが、Go Modem ProtocolおよびGo Text Protocolという2つのプロトコルをサポートしており、これらを使ったGUIフロントエンドが別途実装されている。

戦績編集

歴史編集

GNU Go 1.1 March 13 1989.
GNU Go 1.2 1995.
GNU Go 2.0 April 20, 1999.
GNU Go 2.4 September 12, 1999.
GNU Go 2.6 February 13, 2000.
GNU Go 3.0 August 24, 2001.
GNU Go 3.2 April 25, 2002.
GNU Go 3.4 July 31, 2003.
GNU Go 3.6 November 17, 2004.
GNU Go 3.8 February 19, 2009.(最新安定版)

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集

公式サイト編集

フロントエンド編集

非公式なソフト編集